市、高齢者介護サービス施設消防安全専門家チームによる検査を実施
2022-08-02 14:04

最近、市民政局と市消防救援支隊は養老サービス施設の消防安全のリスクを注視し、部門間の協同を強化し、専門家の参加を招き、力を集中して養老サービス施設の消防安全検査を行い、重大・特大火災事故の発生を断固として抑制している。

 

  今回の検査は、大連市民政事務サービスセンター社会養護施設、大化病院老人ホームなどの養老サービス机関に属地街道と消防の専門家と共同で行われた、現場で消防安全の潜在的なリスクを調査し、養老サービス機関の消防安全の全体的な状況、問題点、脆弱な部分などを全面的に把握するとともに、地域の養老サービス機関の消防安全問題の潜在的なリスク、改善措置、改善責任の「3つのリスト」を作成し、養老サービス機関の真剣な改善を追跡指導し、1つ1つの番号を照合する。同時に、管轄区内の養老サービス機関が「三自主、二公開、一承諾」活動を真剣に展開するよう促し、リスクを自主的に評価し、安全を自主的に検査し、潜在的リスクを自主的に改善する、老人ホーム(高齢者介護施設)の消防安全突出したリスク検査基準に照らし合わせ、自主検査を実施し、発見された問題を現場で改善し、直ちに改善できないものを逐一登録して帳簿にし、責任者、改善措置、改善期限などを明確にし、養老サービス施設の消防安全防御線を確実に守る。