「全国民が保険に加入し、全国民に恩恵をもたらす」をテーマとしたキャンペーン月間がスタート
2022-08-02 14:04

全国民の保険加入計画を深く実施し、都市・農村住民の積極的な保険加入を誘導し、同市の医療保障業務の質の高い発展を促進するため、大連市医療保障局は国家税務総局大連市税務局、交通銀行大連支店と共同で8月に全市で「全国民の保険加入は全国民に恩恵をもたらす」というテーマの宣伝月間活動を展開した。

 

8月1日午前、宣伝月間始動式が天津街で行われた。会場では対面で宣伝資料を配布し、相談に答える方式で、市民に大連の基本医療保険政策を宣伝・解読し、国民の基本医療保険政策に対する認知度をさらに高め、全国民の保険加入計画の展開を推進し、当日、延べ500人の相談に答え、2000人余りの宣伝資料を配布した。テーマ宣伝月間の期間中、市の医療保険部門は税務部門と密接に協力し、オンラインとオフラインの「双方向で力を発揮する」方式を採用し、コミュニティや企業に深く入り込み、医療保険の加入プロセス、納付方法、他地域での医療受診、オンラインでのサービス取扱など、人々が関心を持ち、社会が関心を寄せるホットな問題について、多ルート、多角度、全方位、正確に広く宣伝するという。

 

  全国民医療保険は我が国の社会保障システムの重要な制度であり、全国民医療保険は全国民の健康を守り、全国民が保険に加入するには全国民が全国民を動員して参加する必要がある。「第14次五カ年計画」医療保障活動計画によると、今後、保険加入者は少なくとも次の4つの面で利益を得ることができる。1つは収集範囲がさらに拡大し、より多くの新薬・優れた薬をカバーする、二つ目は、病気による貧困化を防止・解消し、貧困に戻る長期的なメカニズムをさらに健全化し、重大な疾病の保障をさらに強力にする、第三に、医療保険制度の保障機能がさらに統一的に発揮され、入院保障レベルを強固にし、安定させることを基礎として、外来診療の待遇保障レベルも著しく向上し、入院と外来診療の保障レベルをよりバランスよくする、四、伝統的サービスと新型サービスの共同発展を持続的に推進し、サービスネットワークを完備すれば、医療保険の公共サービスがより便利になる。