同市が「百社基金進万企」投融資クラウド連携イベントを開催
2022-08-02 14:03

直接融資ルートをさらに拡大するため、7月29日、大連市金融発展局、大連証監局、市財政局、市科学技術局、市工業情報局が共同で主催した「基立連企投融賦能」--百社基金進万企業投融資クラウドマッチングイベントが当市で行われた。イベントはオンライン+オフラインを組み合わせた方式で行われ、全国のトップ108社の株式投資ファンド、全市の中小企業責任者がクラウド型オンライン形式でオンライン参加し、41万人がオンラインでライブ配信を視聴した。

 

振興・発展の「10の新たなブレークスルー」を実現し、「1兆GDP都市」を力強く前進するスタートの年に、同市は政策の革新とサービスの最適化を続け、ベンチャーキャピタルの発展に力強いサポートを提供し、ベンチャーキャピタルの発展に良好な雰囲気を醸成した。今回のクラウドドッキング活動で、中山間地域は東港基金管理(資産管理)産業集積区の位置づけを行い、人材、政策、資金などの資源要素の集積を目指し、基金業の発展をさらに推進する青写真を計画した。大連自由貿易エリアはQFLP政策を発表し、外商投資持分投資企業の連関での発展に対する自信をさらに高めた。大連基金業協会は「大連基金業白書(2021)」を発表し、新たなデジタル次元で大連のベンチャーキャピタル・ベンチャーキャピタル業界の健全で規範的で質の高い発展に前向きな脚注を提供した。

 

  会場では、国有企業改革の成果を固め、国有企業の革新的発展を後押しするため、大連市の国有資本運営会社が招商資本、建信投資、東方資産とそれぞれファンド戦略提携協定を締結した。規模は合計210億元で、政策と資本の「二輪駆動」により、革新と産業の同音共鳴を後押しする。株式投資ファンド2社が大連企業5社と9000万元の契約を結び、企業の革新・発展に資本金を提供し、革新・創業と産業のモデルチェンジ・アップグレードを力強く推進する。同イベントには8社の全国トップファンドが業界の知恵で大連ベンチャーキャピタルのベンチャーキャピタル建設のインスピレーションと活力を活性化し、同市の企業のために金融モーメンツをリンクするよう招待した。5社の大連企業の代表が現場のロードショーを行って、産業分野の優位性と発展計画、資本のためにプロジェクトを探して、プロジェクトのために資本を探して、誠意を持って株式投資基金を大連地区で「精耕細作」。