大連高新区-蘇州工業企業政企連盟が始動
2022-08-01 14:01

7月29日、大連ハイテク区は蘇州工業園区で工業企業説明会を盛大に開催し、大連ハイテク区-蘇州工業企業政企業連盟を正式にスタートさせた。両地域の資源を深く統合することで、多地点連動・協同力発揮の常態化した誘致の新形態を形成し、開放・活発・同周波数共鳴の政府・企業協力の新メカニズムを創設することを目的としている。大連市委員会常務委員、ハイテク区党工業委員会書記の駱東昇氏がイベントに出席し、演説した。

 

  蘇州工業園区は国家自主革新モデル区、開放革新総合試験区として、50社を超える多国籍企業の本部及び機能的機構、9000社以上の科学技術革新型企業が集結し、世界一流のハイテク園区の建設を加速している。バイオ医薬、ナノ技術の応用、人工知能(AI)などの先端分野で、大連ハイテク区と蘇州工業団地の企業の優位性が相互補完され、協力の余地が広がっている。実務協力をさらに深めるために、大連ハイテク区は積極的に政府と企業の協力産業誘致の新モデルを切り開き、工業企業の政府と企業の連盟を開始して、資本導入と智恵と技術の新プラットフォームを構築して、革新体制・仕組みを通じて、相互交流を促進して、力を集約して、協力を促進して、産業チェーン人材チェーンの革新チェーンを活性化することを望んでいる。