習近平がインドネシアのジョコ大統領と会談する
2022-07-27 09:51

習近平国家主席は7月26日午後、北京の釣魚台国賓館でインドネシアのジョコ大統領と会談した。両国元首は親切で友好的な雰囲気の中で、中国・インドネシア関係および双方が共に関心を寄せる国際・地域問題について全面的かつ突っ込んだ意見交換を行い、一連の重要な共通認識に達した。

 

習近平は、「あなたは北京冬季五輪後に中国側が接待した初の外国元首であり、発展中のインドネシア関係に対する双方の高い重視を十分に表している」と指摘した。ここ数年来、われわれの共同リードの下で、中インドネシア関係は盛んに発展し、力強い強靭性と活力を明らかに示している。双方の戦略的相互信頼は日増しに強固になり、政治、経済、人文、海上協力の「四輪駆動」協力構造は絶えず深化し、地域の平和と安定を守り、世界の団結と協力を促進する面で責任感を示し、積極的に貢献し、発展途上の大国が連合して自強し、互恵・ウィンウィンの模範を打ち立てた。中国とインドネシアの関係を良好に発展させることは両国の共同の長期的利益に合致するだけでなく、地域と世界レベルでも積極的で深遠な影響を及ぼしていることが事実によって証明されている。現在、中国人民は社会主義現代化強国の全面的完成という第二の百年奮闘目標に向かって邁進しており、インドネシア人民も2045年の建国百年の目標を実現するために積極的に努力している。私はあなたと共に、引き続き戦略的なレベルと長期的な角度から中国とインドネシアの関係が長期的に安定して推移するようリードし、両国人民により良い幸福をもたらし、地域と世界の平和と安定のためにより大きな貢献をしていきたいと願ってい

 

習近平は、中国とインドネシアの発展段階は似ており、共通の利益はつながっており、理念と道は通じており、前途は命運にかかわると強調した。中インドネシア運命共同体の構築は両国人民の共通の心の声であり、普遍的な期待である。双方が運命共同体の共同建設という大きな方向性を確立したことを喜ばしく思う。中国はインドネシアとこれを統率とし、戦略的相互信頼を固め、互いの主権、安全保障、発展の利益を守り、互いが自国の国情に合った発展の道を模索することを断固支持し、相手が経済を発展させ、人民の生活水準を高めることを断固支持したい。双方は質の高い「一帯一路」共同建設に向けた協力を絶えず深化させ、より多くの実を結ぶよう推進しなければならない。目標通りに質の高いジャカルタ・バンドン高速鉄道を建設し、「地域総合経済回廊」や「両国の双園」などの重要な協力プロジェクトを実施するよう努める。中国は引き続きインドネシアの地域ワクチン生産センター建設を全力で支持し、公衆衛生協力を緊密にし、インドネシアのコモディティと良質な農業副産物の輸入を引き続き拡大していきたい。中国はインドネシアの新首都と北カリマンタン工業団地の建設に積極的に参加し、発展融資協力を拡大し、デジタル経済、グリーン発展などの分野で新たな成長分野を育成していきたい。

 

習近平は次のように指摘した。現在、世界の変化は前代未聞の方式で展開されており、中国・インドネシアは同舟共済し、発展途上の大国の責任感を示し、真の多国間主義を実践し、開放的な地域主義を堅持し、グローバルガバナンスの推進に東洋の知恵を提供し、アジアの力に貢献しなければならない。中国はインドネシアが主要20カ国・地域首脳会議を主催・開催することを全力で支持しており、インドネシアと協調・協力を強化し、サミットが円満に成功することを確実にしたい。中国側もインドネシアが来年のASEAN議長国になることを全力で支持し、ASEANとの団結と協力を強化し、「五つの大家園」建設に焦点を当て、中国ASEAN全面的戦略パートナーシップの新たな原動力を絶えず放出していきたい。中国はインドネシアが引き続き「BRICSプラス」協力に積極的に参加していることを歓迎し、インドネシアがグローバル開発イニシアチブとグローバル安全保障イニシアチブを支持し、重視していることを賞賛し、インドネシアとこれについて意思疎通と協力を強化していきたい。

 

ジョコ氏は次のように表明した。中国共産党第20回全国代表大会が円満な成功を収めることを謹んで祈り、習近平主席の力強い指導の下、中国が今後さらに大きな成果を収めると確信している。インドネシアと中国は全面的な戦略的パートナーであり、運命共同体の共同建設という重要な目標を確立しており、互いの協力は互恵ウィンウィンであり、両国人民に福祉をもたらすだけでなく、地域と世界の平和と発展にも重要な貢献をしている。現在の不確実性に満ちた国際情勢の下で、インドネシアと中国の良好な協力は双方関係の戦略性を体現し、地域と世界にとってプラスのエネルギーとなっている。インドネシアは中国と共に、両国の全面的な戦略的パートナーシップを絶えず深化させ、地域の平和と世界の発展を促進するためにより大きな貢献をしていきたい。インドネシアは中国が貧困救済の面で成し遂げた傑出した成果に敬服し、中国側の成功経験を参考にしたいと考えている。中国がインドネシアの新首都と北カリマンタングリーン工業パークの建設に積極的に参加し、「グローバル海洋支点」構想と「一帯一路」共同建設構想との戦略的連結を強化し、投資、技術、ワクチン、医療衛生などの分野で協力を深めることを歓迎する。ジャカルタ・バンドン高速鉄道はインドネシアの急速な発展の象徴であり、インドネシアは中国と共に努力し、ジャカルタ・バンドン高速鉄道が時間通りに竣工・運行することを確実にし、両国の友情のもう一つの偉大な碑とすることを願っている。インドネシアがG20議長国としての活動をしっかりと行うことを中国側が支持していることに感謝し、インドネシアは中国側と緊密に協調し、G20首脳のバリ島サミットが成功するよう推進していきたい。来年のASEAN議長国として、インドネシアはASEANと中国の関係発展のために積極的に努力していきたい。

 

両国元首はまたウクライナ危機などの問題について意見を交換し、国際社会が和平を勧め、交渉を促すための条件を整え、ウクライナ情勢の冷え込みを緩和し、世界経済秩序を安定させるために建設的な役割を発揮し、せっかくの地域の平和と安定の局面を共にしっかり守るべきだとの考えを示した。

 

双方は「中華人民共和国とインドネシア共和国両国首脳会談の共同ニュース声明」を発表し、シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード構想と「グローバル海洋支点」構想の共同推進に関する協力に関する了解覚書およびワクチン、グリーン発展、サイバーセキュリティ、海洋などの分野での協力文書に調印した。

 

同日夜、習近平氏と彭麗媛夫人はジョコ氏とエリアーナ夫人のために夕食会を開いた。

 

  丁薛祥、楊潔チ、王毅、何立峰らが参加した。