習近平とガイアナのアリ大統領、中国とウルグアイの国交樹立50周年で祝電を交わした
2022-06-28 18:13

習近平国家主席は6月27日、ギアナ協力共和国のアリ大統領と祝電を交わし、両国の国交樹立50周年を祝った。

 

習近平は、国交樹立から50年、中国・ウルグアイ関係は長足の発展を遂げ、双方の政治的相互信頼は日増しに深まり、実務協力の成果は著しいと指摘した。新型コロナウイルスによる肺炎の流行発生以来、両国人民は同舟相助け合い、互いに見守り助け合い、中国とウルグアイの友情の新たな一章を刻んできた。私は中とウルグアイ関係の発展を非常に重視しており、アリ大統領と共に努力し、国交樹立50周年を契機に、中とウルグアイ関係を絶えず新たな段階に引き上げ、両国と両国民に幸福をもたらすことを願っている。

 

  アリ氏は次のように述べた。ガイアナは英語カリブ地域で率先して中国と国交を樹立し、一つの中国政策を断固として順守している。この50年間、両国は一貫して相互尊重、平等互恵を図り、伝統的な友好関係は時間の試練に耐えてきた。ガイアナはウルグアイ中国交樹立50周年を契機に、両国の友情を不断に深めていきたい。