胡玉亭氏が市新型コロナウイルスによる肺炎感染症予防・抑制総指揮部のテレビ会議に出席し、話をする
2022-05-11 13:07

5月10日、市新型コロナウイルスによる肺炎感染症対策総指揮部はテレビ会議を開き、習近平総書記の感染症対策業務に関する重要講話と指示の精神を深く学習・貫徹し、5月9日の全省新型コロナウイルスによる肺炎感染症対策指揮部会議の精神を真剣に実行に移し、現在の感染症対策情勢を分析・研究・判断し、次の作業を研究・手配した。省委員会副書記、市委員会書記の胡玉亭氏が会議に出席し、演説した。市委員会副書記、市長の陳紹旺氏が会議を主宰し、演説した。総指揮部副総指揮が出席する。

 

会議では、現在、全国の感染予防・抑制活動は「水に逆らって舟を進め、進まなければ後退する」重要な時期と力を入れる段階にあると指摘された。同市金普新区は5月9日、重点グループの定例核酸スクリーニング検査で4人の核酸検査結果に異常が見つかったため、市街地の2級がいち早く緊急対応を開始し、すでに流れ調整・トレーサビリティ、核酸検査、隔離・管理などの措置を同時に展開している。全市は防疫闘争の複雑性と困難性を深く認識しなければならない、党中央が確定した感染症対策の方針・政策を深く、完全に、全面的に認識し、人民至上、生命至上を堅持し、「外からの輸入防止、内からのリバウンド防止」の総策略を堅持し、「動態ゼロクリア」の総方針を堅持し、「四方」の責任をしっかりと固め、「四朝」の要求を実行に移し、思想面、政治面、行動面で党中央と高度の一致を自覚的に保つ。レベルを上げて対応し、先を争って予防・抑制し、ふるい分け、きれいにし、規範化、徹底し、感染拡大の連鎖を速やかに断ち切り、全力を尽くして最短時間で社会面のゼロ化を実現し、感染が経済・社会の発展と人民大衆の生産・生活に与える影響を最大限に減らす必要がある。

 

  会議では、「常に気にせずにはいられない」という責任感を強め、ボトムラインの考え方を具体的な行動に変え、こまめに脆弱部分を補強し、迅速に脆弱部分を補強し、各感染症対策を厳しく、厳しく、細かく実行し、新たな段階の正確な感染症対策システムを構築することが強調された。早期に立脚し、重点場所・重点人に対する核酸スクリーニング検査を強化し、今週は2回の全域核酸検査を実施し、高校3年生・中学3年生は2日に1回検査を行い、「早期発見」の能力をさらに高めなければならない。流出調査、拡大スクリーニング検査を掘り下げ、陽性感染者が暴露される公共の場所を最優先事項とし、時空随伴者の中高3・中学3年生の保護者を最優先事項とし、厳格に管理、正確に管理し、感染拡大のリスクを効果的に抑制しなければならない。「e大連」アプリの機能を豊富に拡張し、無感知・自動警報の実現を目指し、現地での人の検査・分類管理を徹底することで、制度設計を最適化し、政策の執行を強化し、先進的な地域の経験を十分に学習・参考にしなければならない。総合的な予防・抑制能力をさらに高め、核酸検査能力を急速に高め、基準・規範に基づき隔離部屋を十分にそろえ、備えあれば憂いなしを真に実現しなければならない。