大連農業、「三農」を支援する34億の貸付金を発行
2022-05-10 13:05

農業発行大連市支店はこのほど、584万元の融資を出し、新型コロナウイルスによる肺炎感染症関連の予防・抑制物資、核酸検査などの流動資金を支援した。同行は今年初め以降、農業政策性銀行の「先導役を務め、弱点を補強し、循環に逆らう」機能の役割を十分に発揮し、農村振興戦略を支援する重責を自ら担い、「三農」の重点分野、脆弱な部分、農業関連企業および新型コロナウイルスによる肺炎の感染対策関連業界、企業への支援を継続的に強化している。同行は4月末までに今年、各種融資を累計34.15億元出し、融資残高は200億元の大台を突破し、年初より29億元、15%増加した226億元に達した。

 

昨年末には、農業発行大連市支店が一足先に、特別シンポジウムを開き、年末の締めくくりと「スタートアップ」作業の手配を検討し、プロジェクトリストの制定を事前に検討し、プロジェクトの備蓄を積極的に推進した。同行は今年初め以降、第14次五カ年計画重点プロジェクトをめぐり、省支店と長海県政府、市支店と保証会社が提携協定を締結したことをきっかけに、常態化して「大訪問」を継続的に展開し、融資・融通・融商・融情の「四融一体」メカニズムを深化させ、重点プロジェクトへの支援推進に力を入れている。党委員会のメンバーは先頭に立って範を垂れ、「歩み続ける」「上がってきてもらう」という方式で地方政府の関連部門、重点企業、同業銀行などと「一対一」の交流を展開し、政府・銀行・企業間の協力を深め、重点プロジェクトの融資ニーズを把握し、農業発行・貸付政策を宣伝・宣伝し、新情勢の下で「三農」の質の高い発展を推進する大計を共に協議・共謀する。省支店の指導の下、市・県の二級銀行は、コンプライアンスを第一とし、リスクコントロールを要とすることを堅持し、上下を効果的に連動させ、フロント・センター・バックオフィスが力を合わせて協力し、貸付業務の段階で事前にサービスに介入し、資料を収集し、適度に予審し、その他の部門のサービス保障を強く支持し、「勤務手配」を共同で推進し、貸付業務の質と効率を着実に向上させる。

 

  農業発行大連市支店は感染予防・抑制と経済・社会の発展を統一的に支援し、農業政策金融の金看板を磨いている。一、食糧安全保障に奉仕することだ。民は食をもって天とし,食は食糧を源とする。国家のマクロコントロール政策を全面的に実行し、政策的な収蔵・貯蔵と市場化された買収を積極的に支持し、今年初めから11.05億元の貸付金を累放し、「北の食糧の南への輸送」を支持し、食糧の国内循環を有利に促進し、食糧の安全を保障している。二、民生福祉の増進である。都市と農村の融合発展を積極的に促進し、伝統的なインフラのギアアップとグレードアップの推進を加速し、水利インフラなど6つの民生の弱点を補うプロジェクトを支援し、20.40億元の融資を投入し、農村住民の高品質で素晴らしい生活に対する現実的な需要を満たす。三、産業の文章を上手に書くこと。農業現代化プロセスにおける弱点に焦点を絞り、農業供給側の構造的改革を支持し、金融包摂を積極的に発展させ、累計1.01億元の融資を投入した。四、グリーン発展を支持する。「緑水青山は金山銀山である」という理念を真剣に貫徹し、クリーンエネルギー、生態環境などの分野に立脚し、ごみの収集・輸送および焼却発電、環境整備など4つのグリーンクレジットプロジェクトを支援し、1.69億元の貸付を重ねて行い、住みやすい生態環境を構築し、経済・社会発展のグリーンモデル転換を促進する。