『習近平法治思想概論』出版・発行
2021-09-09 09:01

習近平法治思想を教材として教室に取り入れ、頭脳に入れるように、中央宣伝部、中国法学会が編纂したマルクス主義理論研究と建設プロジェクトの重点教材『習近平法治思想概論』(以下『概論』と略称する)という本は、すでに高等教育出版社から出版されている。

 

党の十八大以来。習近平同志を核心とする党中央は全面的に法に基づいて国を治め、法治中国を建設する偉大な実践の中で、歴史と現実の相互貫通、国際と国内の関連、理論と実際の結合から、新時代になぜ全面的に法に基づいて国家統治を実行するのか、どのように全面的に法に基づいて国家統治を実行するのかなどの重大な問題に深く回答し、一連の全面的に法に基づいて国家統治の新理念、新思想、新戦略を提出し、習近平法治思想を形成した。

 

 『概論』は「緒論+三編」で構成されており、全20章。27万字近く、習近平法治思想の鮮明な特色、重大な意義、豊富な内包、核心的要義、科学的方法、実践の要求を詳しく説明した、習近平法治思想は内包が豊富で、論述が深く、論理が厳密で、系統的に完備した科学理論体系であり、マルクス主義法治理論の中国化の最新の成果であり、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想の重要な構成部分であり、全面的に法に基づいて国を治める根本的な遵守と行動指針であることを全面的に反映した。『概論』は原著、原文、原意に忠実であることを堅持し、理化学の解釈、学術化表現、体系化構築を堅持し、大学の法学類専門学生が習近平法治思想を系統的に学習・把握するための重点教材である。