中国革新・創業コンクール・大連市革新・創業コンクール決勝が終了
2021-09-08 09:50

10回中国革新創業コンクールおよび第7回大連市革新創業コンクールの決勝戦が昨日、終了した。2大競技場、4大コース、63社が登場し、同じ競技場で競い合った。決勝戦では4大サーキットごとに受賞企業を選定し、スタートアップ部門では各サーキットごとに123等賞各1名、成長企業部門では各サーキットごとに1等賞1名、2等賞2名、3等賞3名を設定した。ルールに基づき、これから決勝戦受賞企業のデューデリジェンスが行われ、その結果が大連市科学技術局のホームページで公示され、優秀企業が全国ファイナルに進出する。

 

今回の決勝戦は、業界分野に応じて次世代情報技術、ハイエンド設備製造、バイオ、新素材、新エネルギー、新エネルギー自動車、省エネ・環境保護の4大コースに分けられ、各コースはスタートアップグループと成長企業グループによってレースが行われる。昇格63社は「現場で答弁し、その場で点数をつける」試合方式で選考した。

 

今大会は市科学技術局が主催し、テーマは「科学技術革新による大業達成」。6月に応募を開始して以来、応募企業501社を募集し、予選・再試合の角逐を経て、63社が際立った囲い込みで決勝に進出した。コンテストは勇敢に革新して、技術理念が先進的な優秀な企業と良質なプロジェクトが現れて、特に決勝に進出したプロジェクトは各業界から来て、大連の科学技術企業の革新発展の良好な態勢と活力を代表しました。

 

  大連市革新創業コンテストは2014年以降6回の開催に成功しており、良質な革新創業資源を統合し、サービス革新創業プラットフォームを構築し、サービス革新創業プラットフォームを構築し、社会各界の力による革新創業支援を誘導し、大連市の経済発展とモデルチェンジ・アップグレードを推進する力強いエンジンを構築するものとなっている。