習近平氏、トルコのエルドアン大統領と祝電を交わす
2021-08-05 19:33

84日、習近平国家主席とトルコのエルドアン大統領は両国の国交樹立50周年を祝う祝電を送り合った。

 

習近平総書記は祝電の中で、「国交正常化から50年間、中国とトルコの関係は着実に発展してきた。2010年に両国が戦略的協力関係を結んだ後、各分野の交流・協力が秩序正しく推進された。双方は昨年以降、新型コロナウイルスによる肺炎感染症との闘いにおいて互いに支持し合い、ワクチン協力は生産的で、両国人民の友情を深めてきた。私は中国とトルコ関係の発展を非常に重視しており、エルドアン大統領と共に努力し、両国の国交樹立50周年を契機に、互いの核心的利益と重大な関心事にかかわる問題について相互理解と支持し、発展戦略の連結を加速し、中国とトルコの戦略的協力関係が長期にわたって安定的に進み、両国と両国民に幸福をもたらすことを願っています。

 

  エルドアン大統領は祝電で、トルコと中国の関係には互恵的発展を実現する良好な基礎があると述べた。過去半世紀、土中貿易、投資、交通、観光など各分野の協力は大きな発展を遂げた。両国は相互尊重に基づき戦略的協力を推進し、地域的・世界的範囲で積極的な影響を形成している。新型コロナウイルスによる肺炎の感染症に直面し、両国は団結し助け合い、国民の健康を保障している。土方は二国間関係の発展を非常に重視しており、引き続き土中戦略協力を推進していく。