習近平氏、キューバのディアス=カネル国家主席と電話会談
2021-08-31 10:16

習近平国家主席は830日、キューバのディアス=カネル国家主席と電話会談を行った。

 

ディアス=カネルはラウル・カストロ同志の習近平総書記に対する心からのあいさつを伝えるとともに、最近のキューバ国内情勢について通達した。習近平総書記はディアス=カネルにラウル同志への温かいあいさつを伝えるよう求めた。

 

習近平総書記は次のように指摘した。キューバ共産党の力強い指導の下、キューバ同志は強権を恐れず、闘争に屈せず、革命の成果を力強く守った。歴史的に見て、社会主義事業はこれまで順風満帆なものではなかった。共産党員は終始闘争の中で生存を求め、発展を遂げ、勝利を勝ち取った。中国側は終始、各国が社会発展の道を自主的に選ぶ権利を尊重し、他国に対する単独制裁の実施に反対し、外部勢力が他国の内政に干渉することに反対すべきだと考えている。中国はこれまでと同様、キューバが自国の国情に合った発展の道を歩み、繁栄し、持続可能な社会主義を建設することを支持し、国の主権と安全を守り、強権干渉に反対するキューバの正義の闘争を支持する。中国は引き続き古代の感染症との闘い、国民生活の改善のためにできる限りの援助と支援を提供する。キューバで社会主義偉業の新たな発展が実現するとの確信を表明

 

習近平総書記は次のように強調した。両党と両国の歴代指導者が丹念に育成し、強力に推進してきた中古代関係は長い間堅固なもので、すでに発展途上国の団結・協力の模範となっている。情勢がどのように変わっても、中国が長期的な友好を堅持する方針は変わらず、中国と古代の各分野の協力を深める意思は変わらず、古代の方と社会主義の道連れ、共同発展の良きパートナー、手を携えて感染症と戦う良き手本、戦略協力の良き戦友になりたい。中国は古代関係とハイレベルの往来を緊密にし、党統治・国家統治の交流・相互参考を強化し、疫病対策協力を深め、実務協力を促進し、中国と古代関係のさらなる発展を促していきたい。双方は国際的・多国間の場で戦略的協力を緊密にし、発展途上国の共通の利益を守らなければなら中国は引き続き国際的にキューバのために公平な言葉を述べ、事務を執り行う。

 

  ディアス=カネルは「中国側が長期にわたりキューバに貴重な支援を与えてきたことに感謝する。これには古代中国の新型コロナウイルスによる肺炎感染症との闘いに疫病対策物資を提供することも含まれ、古代と中国の兄弟のような友情が表れている」と表明した。キューバは断固として社会主義の道を歩んでおり、中国側と党間の往来・交流と各分野の実務協力を強化し、社会主義事業と古代中国関係の発展を共に推進していきたい。古方は中国側と多国間協力を深め、覇権主義、強権政治に共に反対し、感染症の政治化、汚名化に反対したいと願っている。古方は一つの中国の政策を断固として実行し、中国の内政干渉に反対し、台湾、新疆などの核心的利益問題における中国側の立場を引き続き断固支持する。古方は中南米と中国の関係促進のために積極的な役割を果たしたいと願っている。