習近平氏、エクアドルのラソ大統領と電話会談
2021-08-31 10:14

習近平国家主席は830日、エクアドルのラソ大統領と電話会談した。

 

習近平総書記は次のように指摘した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染が発生して以来、中国とブラジル双方は互いに支持し合い、同舟相助け合ってきた。これは両国人民の深い友情を体現している。中国側は対中関係の発展を非常に重視していることを賞賛した。世界百年の変局と世紀の感染症が入り交じる複雑な局面に直面して、中国・ブラジルは全面的な戦略パートナーとして、戦略的な高度と長期的な角度から両国関係を見て発展させ、引き続き互いに支持し、協調・協力して、中国・ブラジルの伝統的な友好を長い間生き延びさせ、中国・ブラジル関係を発展途上国協力のベンチマークにしなければなりません。中国側は引き続き、感染症との闘いに支持と援助を提供し、感染症とワクチンに関する様々な形の協力を実施していきたい」と述べました。双方の共同の努力のもとで、中国・イラン関係がより大きく発展すると確信している。

 

習主席は「エクアドルは中国が『一帯一路』を共同建設する上で重要な協力パートナーであり、双方はインフラ、エネルギー・鉱物、金融など伝統的な分野での協力で大きな成果を上げている」と強調した。中国経済は新たな発展段階に入り、より開放的で活力を備え、エクアドルなどの国に新たなチャンスをもたらすだろう。中国はエクール側からの輸入規模を拡大し、双方の貿易と投資の自由化・利便化レベルを高め、健康、デジタル、グリーンシルクロードなどの新たな成長分野を育成し、より多くの実務協力の成果を築き、両国人民により良い幸福をもたらすことを願っている。中国はエクール側と多国間事務の意思疎通と協調を強化し、国際的公平・正義と発展途上国の正当な権益を守り、人類運命共同体の構築を推進していきたい。

 

  ラッソ報道官は次のように表明した。私はエクアドル政府と人民を代表して中国共産党創立100周年を改めて熱烈に祝い、中国共産党が中国人民を指導して貧困からの脱却と新型コロナウイルスによる肺炎感染症との闘いなどの問題で偉大な成果を収めたことを祝う。中国側が提供したワクチンは、エクアドル側の感染症との闘いに極めて重要な支援を提供しており、エクアドルの人々はこれに感謝しており、忘れることはないだろう。エクール側は感染症の政治化、汚名化に反対しており、中国側と引き続きワクチン協力を深めることを望んでいる。エクール側は中国を最も重要な全面的戦略パートナーと見なし、より多くの中国企業がエクールで投資協力することを歓迎している。