習近平総書記は洪水防止・災害救助活動に重要な指示
2021-07-22 09:21

習近平中国共産党中央委員会総書記、国家主席、中央軍事委員会主席は洪水防止・災害救助活動に重要な指示を出した。

 

習近平総書記は、「最近、河南省などでは強い降雨が続いており、鄭州市などの都市で深刻な内水冠水が発生し、一部の河川では警察を超える水位が発生し、一部のダムではダムが崩壊し、一部の鉄道は運行停止、航空便は欠航となり、重大な人的損害と財産の損失をもたらし、洪水防止の情勢は非常に厳しい」と指摘した。

 

習近平総書記は次のように強調した。現在はすでに洪水防止の重要な時期に入っており、各級の指導幹部は終始人民大衆の生命と財産の安全保障を第一位に置き、先頭に立って先頭に立って指揮を執り、洪水防止と災害救済に迅速に力を組織し、被災者を適切に配置し、二次災害を厳重に防ぎ、人的被害と財産の損失を最大限に減らすべきだ。解放軍と武装警察部隊は地方の災害救援活動に積極的に協力しなければならない。国家防総・応急管理部・水利部・交通運輸部は統一的な計画と協調を強化し、災害リスクのパトロールとリスクの排除を強化し、重要インフラの安全防護を強化し、降雨・台風・山津波・土石流などの早期警戒・予報レベルを高め、交通の整理・誘導に力を入れ、各種の洪水防止・災害救済措置を細心の注意を払って実施しなければならない。

 

  習近平総書記は、各地域の各関係部門が洪水防止・災害救助活動をしっかり行うと同時に、生産・生活秩序を早急に回復させ、被災者の援助・救助と衛生・防疫活動をしっかりと行い、災害による貧困者への帰還と「大災害の後に大疫病が発生する」ことを防止するよう求めた。