大連税関、「証書・写真分離」改革を全面的に推進
2021-07-19 10:07

716日、市行政サービスセンタ事務ホルで、大連長興興隆食品有限公司の責任者は社の業許可証を行し、同時に税関申告企業の登証書を取得した。大連税関が明らかにしたところによると、通申告企業の登記「多証合一」は、大連税関13項目の企業経営許可事項「証照分離」改革容の一つだ。大連税関は自貿区内で試行する「通申告企業登登記」改革を全域に大し、通申告企業の登記登記は「多証合一」の範囲に組み入れられ、企業の登記登記段階において税関備案手を一括して行い、市場監督管理部門は企業情報を税関にプッシュし、税関は「接ゼロ・対面なし」で企業のために連登記手を直接行うことができる。

 

71日より、全国囲内523項目の企業経営許可事項にして「証照分離」改革を全面的に施し、直接審査認可取消審査認可から備案への告知承諾の審査認可サビスの最適化等の4種類の方式に基づき審査認可制度改革を推進すると同時に、自貿区内において69項目の許可事項に対して改革の度合いを更に化する。

 

71日、前期の試行を基礎として、大連税関は「証照分離」改革の全面的カバを推進し、3項目の審査許可を届出に更し、企業は営業許可証を取得すればその場で税関届出証書を取得し、税関経営活動に事することができる、1項の実行告知承諾、企業の自承諾件に符合すれば相の証明書を取得することができる9項目は有効期限の止、材料の種類の削減、全過程のオンライン手きを通じて審査認可サビスをさらに最適化する。

 

同時に、サービス措置を刷新し、地方政務サビスホルで証書・写真の共同行を推進し、地方位との情報共有を化し、「通申告企業出」、「輸出食品生産企業出」などの高頻度税関証書を企業業許可証と並列に理し、現在すでに各種企業届137社を行っている、自由貿易区政務サビスホルで改革試行に力を入れ、7種類の国境口岸衛生許可証がすぐに望ましい。「期中事後」の監督管理を化することにより、審査認可の「開放開放の良し」を現し、遼寧省市場監督管理局などの機と共同で「無作、一公開」の監督管理を推進し、最初に査リストから無作に抽出した22社の輸出食品生産企業に対して部門を跨ぐ共同抽出検査を展開する、定期的な監督管理と企業信用等級の育成を結びつけ、39社がAEO認証企業になるよう指導し、検疫の抽出可比率の引き下げなど、より多くの税関の利便性を享受する。

 

  これは管轄区内4000社以上の経営企業に恩をもたらし、審査認可段階は平均2カ所削減され、審査・認可の平均所要時間は1.5業日に縮される