大連市職員の子ども「慧成長動力キャンプ」を預かり支援するプロジェクトがスタート
2021-07-19 10:06

716日、大連市職員の子女2021「慧成長動力営」預かり支援プロジェクトの始動式が市中心部の病院で行われた。市委員常務委員、市主席の徐湘氏がこれに加し、位の責任者と共に市中心病院をはじめとする7つの管理班建設単位の代表に旗を授し、書を贈呈した。

 

「慧成長動力営」管理支援プロジェクトは市の体組織が共同で起し、市政府の連部門が力に支援する公益プロジェクトである。先日、市市委員、市婦女連合、市科技術協、市群組織サビスセンタ、市少工委員、市育局、市衛生健康委員会などの部門が力を合わせて協力した、同プロジェクトの第1陣となる預かり班の建設機関7社に1軒当たり2万元の資金援助を提供し、ボランティアの教員を募集し、子どもたちのために詩や詞の詠み、星の探求、パズルキュブ、しい英語、碁入門、愛主義育などのカリキュラム体コンテンツを入念に用意した。

 

 「慧成長動力キャンプ」の委託支援プロジェクトは、支援資金、ボランティア、特色あるカリキュラムなどを提供することで、条件、意欲、需要のある機関・企業事業位、園ビル、街道社等が各種公益性預かりクラスを設立し、浜城市の従業員の子女「慧成長動力」の愛の預かりサビスブランドを共同で構築し、業員の子女が近くでかいケアを受けられるようにすることを提唱し、支援する。