同市はスマートスポーツ発展の新モデルの構築に全力を挙げる
2021-06-03 08:50

昨日の午前、大連市のスポーツ産業発展「国境を越えた」協力が新たな一歩を踏み出した、大連市体育局、大連新聞伝媒集団、中国銀行大連市支店は、大連新聞伝媒集団広電センターで三者協定を締結し、大連市のスポーツ産業発展の「国境を越える」ことで戦略的提携を締結し、「スポーツ+伝媒+金融」のスマートスポーツ革新発展の新モデルを共同で構築する。張志宏副市長が調印式に出席した。

 

調印式で、3社は大連スマートスポーツプラットフォームの建設、スポーツイベントの運営、スポーツ産業提携、重点プロジェクトの育成、スポーツ産業の国際交流の5つの分野で、戦略的提携を正式に開始することが明らかになった。

 

  3社は共通の目標をめぐり、それぞれの優位性を発揮し、都市のスポーツ資源を統合し、大連のスポーツIPを輸出し、都市のスポーツ文化を育成し、スポーツ精神を発揚し、大連のスポーツ人口にサービスを提供し、スポーツ消費を牽引し、「スポーツ+メディア+金融」大連の特色あるスマートスポーツ革新発展モデルを構築する。