習近平総書記、シリアのバッシャール大統領に祝電
2021-06-02 08:51

習近平国家主席は531日、バッシャール・アサド大統領に電報を送り、シリア・アラブ共和国大統領の再選を祝った。

 

  習近平総書記は祝電の中で次のように指摘した。中国とシリアは伝統的に友好的であり、シリアは新中国と最も早く国交を樹立したアラブ諸国の一つである。私は中・シリア関係の発展を非常に重視しており、バッシャール大統領とともに努力し、今年の両国国交樹立65周年を契機に、中・シリア関係がより大きな成果を収めるよう推進していきたいと考えています。中国側はシリアが国の主権、独立、領土保全を守ることを断固として支持し、シリア側が新型コロナウイルスによる肺炎の疫病に抵抗し、経済を振興し、民生を改善するためにできる限りの援助を提供し、中国とシリアの協力が絶えず新たな段階に上がるよう促進する。