全市の800人余りの民政幹部が9000世帯近くの困難な家庭を訪問した
2021-06-01 14:22

党史学習教育と結び付けて、20214月から、わが市の民政システムは「困難な家庭に足を踏み入れて憂いを解消し、心を温める」特別行動を踏み込んで展開している。身を沈めて「大衆に入る」、多様な形式で「大衆に寄り添う」、心を込めて情を込めて「大衆に奉仕する」方式を通じて仕事の作風を転換し、困難な家庭に深く入り込み、庶民の声に耳を傾け、民政の「赤ちゃん牛」精神を実践する。1ヶ月余りの配置実践を経て、特別行動は比較的よい成果を収めた。

 

  市全体で800人余りの民政幹部が困難な家庭に全面的に足を運び、政策を説明し、底を探り、問題を理解し、対面で民生保障政策を宣伝し、現場で混乱を解消した。現在、全市の各級民政職員はすでに9000世帯近くの困難な家庭への訪問を完了し、困難な大衆が提起した各種問題10000件余りを収集している。同時に、わが省の配置によると、。大連市自身の仕事の実際と結びつけて、今年、全市の都市部の低保険基準は1人当たり月額750元から780元に4%引き上げられ、普蘭店区、瓦房店市、荘河市の農村部の低保険基準は1人当たり月額540元から580元に7.4%引き上げられる。現在、市政府常務会議の審議を経て採択されており、71日から実施される計画だ。また、市規律委員会が社会救済のフォールトトレランス・エラー訂正メカニズムの構築を模索するよう積極的に協調した社会救済担当者の思想的負担を軽減し、末端の民政職員の起業意欲を引き出す。大連市民政局の最低生活保障情報管理システムを利用して、大連市の困難な人々の基礎データベースを構築し、今回の特別行動の入室訪問台帳と結び付け、データ入力を実現し、全市の低保険、低所得世帯、特別困窮扶養世帯、臨時救助対象者、孤児、事実上扶養されていない児童、困難な高齢者などのグループに対してデータ統合を行う。また、518日、市民政局の職員は第15回「515政務公開日」活動に参加し、大衆からの電話を受け、社会救済、児童福祉、養老サービスなどの政策問題に解答した。