習近平氏、イランのロウハニ大統領と電話会談
2021-05-25 10:32

習近平国家主席は524日、イランのロウハニ大統領と電話会談した。

 

習近平総書記は次のように指摘した。中国とイラン双方は同舟共済し、見守って助け合い、協力して新型コロナウイルスによる肺炎の流行に対抗し、実務協力を推進して積極的な成果を収めた。双方は互いの核心的利益と重大な関心事にかかわる問題で断固として相互支持し、両国の戦略的相互信頼を力強く固め、国際の公平と正義を断固として守った。

 

習近平総書記は次のように強調した。今年は中国とイランの国交樹立50周年にあたり、両国関係は前を受け継いで後を切り開き、過去を受け継いで未来を切り開く重要な歴史的節目にある。中国側は中国とイランの関係を非常に重視しており、イラン側と共に、両国の国交樹立50周年を契機に、各分野の協力を強化し、中国とイランの全面的戦略パートナーシップを絶えず深く、着実に進めることを願っている。中国側はイランが国の主権と民族の尊厳を守ることを引き続き断固として支持し、引き続きイラン側の疫病抵抗のためにできる限りの援助を提供し、イラン人民が疫病に打ち勝つのを助けることを願っている。中国側はイラン核問題の全面合意問題における伊方の合理的な要求を支持し、伊方と協調を強化し、双方の共通利益をしっかり守ることを願っている。中国側はパレスチナ問題の早期かつ公正な解決を促進するために引き続き建設的な役割を発揮し、伊方側と地域・国際問題について意思疎通・協力を強化し、地域の安全・安定を共同で促進していきたい。

 

  ロウハニ師は次のように表明した。中国側は新型コロナウイルスによる肺炎の流行を成功裏に抑制するとともに、イランなどの国が流行に抵抗するために貴重な支持と援助を提供しており、伊方側はこれに心から感謝の意を表した。イランと中国の国交樹立50年来、両国は友好協力を維持してきた。伊方は一つの中国政策を断固として実行し、中国が国家主権と領土保全を守ることを断固として支持した。伊方は中国側と戦略的協力を強化し、経済貿易、エネルギーなどの分野での互恵協力を拡大し、「一帯一路」の共同建設を推進することを望んでいる。最近両国が調印した全面的協力計画は、双方の将来の互恵協力のためにより広い前途を切り開いた。伊方は中国側がイラン核全面合意およびパレスチナ・イスラエルなどの地域問題で公正な立場を堅持していることに感謝し、中国側と引き続き緊密に意思疎通・協調し、一国主義、覇権主義に反対し、自身の正当な利益を守り、地域の平和・安全を守ることを希望する。