党史学習教育の深化と着実な推進「両先区」の質の高い発展の新局面を絶えず切り開く
2021-03-31 14:19

330日、市委員会理論学習センター組は特別学習会を開き、習近平総書記の党史学習に関する重要な論述を深く学習し理解し、自覚的に党の奮闘過程と偉大な成果で闘志を鼓舞し、自覚的に党史から知恵と力を汲み取り、「両先区」の質の高い発展を遠くまで安定的に推進した。省委員会常務委員、市委員会書記譚作鈞が会議を主宰し、発言した。市委員会副書記、市長陳紹旺、市人民代表大会常務委員会主任肖盛峰、市政協主席王啓尭が発言した。市委員会常務委員がそれぞれ発言した。

 

学習会では、中央党校副学長の謝春涛教授が作成した「中国共産党はなぜ「できる」のか」という党史特別指導映画を鑑賞した。みんなは仕事の実際と結び付けて、交流、学習、体験し、党史をよく学び、よく使うには、中国共産党百年の歴史というテーマの主軸を深く把握する中で、中国共産党がなぜ「できる」のかを十分に認識し、より自覚的かつ主体的に党の歴史への自信を固めなければならないと一致して認識した、大連における党の百年の奮闘史を系統的に回顧する中で、中国共産党がなぜ「できる」のかを十分に実証し、百年の風雨に洗礼され、初心の使命が堅い革命の闘志をさらに奮い立たせなければならない、伝統を受け継ぎ、伝承する中で発展を推し進め、中国共産党がなぜ「できる」のかを十分に書き続け、社会主義現代化国家大連の全面的建設の一章を全力でつづらなければならない。みんなは一致して、理想と信念をさらに固め、党への忠誠心をしっかりと固め、人民の気持ちをしっかりと守り、より自覚的に「二つの擁護」を振興・発展の実践の中で実行し、党史を学び、思想を悟り、実際のことを行い、新しい局を切り開くことを表明した。

 

会議では、党史の学習・教育を深く着実に進め、「両先区」の質の高い発展の新局面を絶えず切り開き。一、党史の学習を基礎とし、奮進の根幹をしっかりと築くことが強調された。テーマの主軸に焦点を当て、主流の本質を把握し、理論と実際の結びつきを堅持し、方式・方法を刷新し、赤い資源をしっかりと活用し、党員幹部が正しい党史観を確立するよう教育・指導し、旗幟鮮明に歴史虚無主義に反対し、真に政治的忠誠心、確固とした信仰、闘争精神、人民の気持ちを学ぶ。二、悟りの思想を根本とし、奮進の方向を固めなければならない。党の革新理論の学習とマルクス主義の基本原理を貫通し、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想を理解し、理解し、実行する上で引き続き工夫し、学習・思考の成果を具体的な構想と活動措置に転化し、実際の行動で「二つの擁護」を実践する。三、実際のことを行うことを重点とし、奮進する力を結集しなければならない。趣旨意識を強化し、大衆路線を実践し、「私は大衆のために実際のことを行い、争って貢献して振興を促進する」実践活動を着実に展開し、当面の一連の民生プロジェクトの実施に立脚し、大衆の焦りや悩みの問題をしっかりと解決するとともに、長期的な体制・仕組みの整備に着目し、共同富裕がより明らかな実質的進展を得るよう推進しなければならない。四、新局の開局を目指し、奮進ラッパを吹かなければならない。新しい発展理念を完全かつ正確に全面的に貫徹する。「私から始め、今から始める」ことを堅持し、革新策源能力の建設を加速し、産業構造調整の三つの大きな文章をしっかりと行い、北東アジアに向けた開放・協力の大きな門戸を築き、生態優先、グリーン・低炭素発展の道を揺るぐことなく歩み、「第14次五カ年計画」のスタートを確保し、優れた成績で中国共産党成立100周年を祝う。

 

  市委員会理論学習センター組のメンバー、市委員会弁公室、市委員会組織部、市委員会宣伝部、市委員会党史研究室の責任者などが学習会に参加した。