同市、先進地域の花火や爆竹直営店販売の新モデルを導入
2021-02-03 14:31

今年、同市は先進地域の花火や爆竹販売の新モデルを積極的に導入し、卸売企業が統一管理、統一配送、統一経営、統一倉庫を実施していることが昨日明らかになった。花火や爆竹の小売店と比較して、直営店モデルはより強い安全性と専門的な管理の優位性を持っています。

 

市応急管理局の担当者によると、花火爆竹卸売企業の直営店は花火爆竹卸売企業が登録を担当し、卸売企業と直営店の間の法律関連が明確で、卸売企業は直営店の運営と管理を全面的に担当し、安全面を含む経営管理の法定責任を負う。直営店の安全管理は登録を担当する卸売企業が統一的に組織して実施する。直営店の設立は全国各地で花火や爆竹の販売管理を模索、実践する新モデルであり、国レベルの政策法規からも支持されており、新疆、湖南などではすべて直営の販売モデルを実現している。

 

花火爆竹卸売企業は「花火爆竹経営(卸売)許可証」を取得しなければならない。花火爆竹製品の調達、輸送、貯蔵は合法的な花火爆竹卸売企業が統一的に実施しなければならず、いかなる単位と個人も花火爆竹生産メーカーから勝手に調達してはならず、卸売企業は花火爆竹製品を小売資格を有する区分所有権者に販売することしかできず、単位と個人に直接販売することはできない。卸売企業は不法に生産経営された花火や爆竹を購入、販売してはならず、品質基準に適合しない花火や爆竹、国家基準の規定に基づき専門の打ち上げ人員が打ち上げなければならない花火や爆竹を購入、販売してはならない。

 

小売経営に従事する者は必ず「花火爆竹経営(小売)許可証」を取得し、法律法規に基づき規範管理を行わなければならない。合法的な花火爆竹卸売企業から花火爆竹製品を購入しなければならず、不法に生産、経営し、基準に適合しない花火爆竹を購入、販売してはならず、国家基準の規定に基づき専門の打ち上げ人員が打ち上げた花火爆竹も販売してはならない。

 

実際には、卸売企業が統一管理、統一配送、統一経営、統一倉庫を実施することで、「4つの統一」が市民の購入を容易にし、安全管理の目的を達成していることが証明されている。