習近平総書記、全国緊急管理システムの先進模範と消防忠誠衛士表彰大会の代表と会見
2021-11-07 16:08

習近平中国共産党中央総書記、国家主席、中央軍事委員会主席は5日午前、北京で全国緊急管理システムの先進模範と消防忠誠衛士表彰大会の代表と親しく会見し、彼らに熱烈な祝意を表すとともに、全国緊急管理システムの広範な幹部と消防救助指揮官・戦闘員に心からのあいさつを送った。

 

中国共産党中央政治局常務委員で中央書記処書記の王滬寧氏、中国共産党中央政治局常務委員で国務院副総理の韓正氏が会見に参加した。

 

午前11時15分、習近平氏らが人民大会堂の金色のホールを訪れると、会場は大きな拍手に包まれた。習近平総書記らは代表たちの中に入り、みんなと親しく交流し、記念撮影をした。

 

丁薛祥、劉鶴、王勇、趙克志が会見に参加した。

 

1回全国緊急管理システム先進模範と消防忠誠衛士表彰大会が4日、北京で開催された。王勇は大会に出席し、演説した、彼は全国応急管理システムに習近平新時代の中国特色のある社会主義思想を指導とするよう要求した習近平総書記の重要な訓辞精神を肝に銘じ、党中央、国務院の政策決定と配置を全面的に実行し、人民至上、生命至上を堅持し、発展と安全をよりよく統一的に計画し、全力を尽くして緊急管理の諸業務をしっかりと行い、人民の平安を守り、人民に幸福をもたらすという神聖な職責を断固として担い、新たな奮闘の道のりにおいて党と人民のためにより大きな貢献をし、より大きな栄光を勝ち取るよう努力する。

 

会議では、全国緊急管理システムの一級英雄・模範8人、99の先進集団、190人の先進作業者、30人の「中国消防忠誠衛士」、30人の二級英雄・模範30人が表彰された。江蘇省塩城市消防救助支隊西環路特勤駅政治指導員趙毅四川省瀘州市応急管理局の李華桂局長、チベット森林消防総隊那曲大隊の孔特特大隊長、国家安全生産応急救援センターの肖文儒副主任、北京市天安門地区消防救援支隊故宮特勤駅政治指導員の蔡瑞氏ら表彰された代表が大会で発言した。