高い基準で持続可能で民生に恩恵をもたらすことを目標に「一帯一路」を共同建設する
2021-11-22 14:52

--習近平総書記の第3回「一帯一路」建設座談会における重要講話の学習と貫徹について

 

「一帯一路」の共同建設が追求するのは発展であり、崇拝するのはウィンウィンであり、伝えるのは希望である。第3回「一帯一路」建設座談会で、習近平総書記は「一帯一路」の共同建設が直面する新しい情勢を深く説明し、完全で、正確で、新しい発展理念を全面的に貫徹することを強調し高い基準・持続可能・民生に恩恵をもたらすことを目標とし、相互接続協力の基礎を固め、国際協力の新たな空間を開拓し、リスク防止・抑制ネットワークをしっかりと構築し、より高い協力水準・より高い投入効率・より高い供給の質・より高い発展の強靭性の実現に努め、「一帯一路」共同建設の質の高い発展が絶えず新たな成果を収めるよう推進する。

 

明者は時によって変わり、知る者は事に応じて制する。質の高い「一帯一路」共同建設を推進するには、「一帯一路」共同建設が直面している新たな情勢を正しく認識し、把握しなければならない。全体的に見れば、平和と発展という時代のテーマは変わっておらず、経済グローバル化の大きな方向は変わっておらず、国際構造の発展戦略態勢は私にとって有利であり、「一帯一路」の共同建設は依然として重要なチャンスに直面している。同時に、世界100年に一度もなかった大きな変局が加速的に変化しており、新たな科学技術革命と産業変革がもたらした激しい競争はかつてないほどで、気候変動や感染症対策などのグローバルな問題が人類社会にもたらした影響はかつてないほどで、「一帯一路」共同建設の国際環境はますます複雑化している。このような新たな情勢に直面すればするほど、高い基準、持続可能、民生に恩恵をもたらすことを目標とし、「一帯一路」共同建設の質の高い発展を揺るぐことなく推進しなければならない。「われわれは戦略的不動心を保ち、戦略的チャンスをつかみ、発展と安全を統一的に計画し、国内と国際を統一的に計画し、協力と闘争を統一的に計画し、ストックと増加量を統一的に計画し、全体と重点を統一的に計画し、挑戦に積極的に対応し、利に向かって害を避け、勇敢に前進しなければならない」。習近平総書記の重要講話は、われわれが高い基準、持続可能、民生に恩恵をもたらすことを目標とすることを堅持し、「一帯一路」の質の高い発展の共同建設を推進し、新たな成果を収めつつある前進方向を示した。

 

百年の変局と世紀の感染症が世界経済の発展と民生の改善にもたらした深刻な挑戦に直面して、各国は世界の発展の大勢に順応し、開放・包容、相互連結してこそ、互いに助け合い、互恵・ウィンウィンすることができる。「一帯一路」構想の共同建設は、コネクティビティに焦点を当て、実務協力を深め、人類が直面するさまざまなリスクと挑戦に手を携えて対応し、互恵ウィンウィン、共同発展を実現するためだ。8年間、われわれは共に話し合い、共に建設し、共に分かち合う原則を堅持してきた、開放、グリーン、クリーンの理念を実践し、高い基準、持続可能、民生に恩恵をもたらすという目標の実現に力を入れ、インフラの「硬い連結」を重要な方向とし、規則・基準の「ソフトな連結」を重要な支えとし、国家人民と共に建設する「心の連結」を重要な基礎とし、最終的な目的は全方位の相互連結を通じて、グローバルサプライチェーン、産業チェーン、バリューチェーンによりよく融合し、連動した発展を実現することだ。ユーラシア大陸からアフリカ、アメリカ、オセアニアに至るまで、「一帯一路」の共同建設は世界の経済成長のために新たな空間を切り開き、国際貿易と投資のために新たなプラットフォームを構築し、グローバル経済ガバナンスの改善のために新たな実践を開拓し、各国の民生と福祉の増進のために新たな貢献をした。新たな征途において、われわれは新たな発展理念を完全に、正確に、全面的に貫徹し、高い基準、持続可能、民生のための目標を堅持し、各方面と共に、より緊密な「一帯一路」パートナーシップを建設し、団結・協力、相互接続、共同発展の道を歩むことを堅持し、人類運命共同体の構築を共に推進しなければならない。

 

どのようにして高い基準、持続可能な、民生のための目標を実現するのか。一般に受け入れられている国際規則基準と積極的にリンクし、企業がプロジェクトの建設、運営、調達、入札等の段階で一般に受け入れられている国際規則基準に基づいて行うよう推進するとともに、各国の法律法規を尊重しなければならない。経済、社会、環境の調和のとれた発展の道を歩み、国連の2030年持続可能な開発アジェンダの支持を「一帯一路」の共同建設に溶け込ませ、経済成長、社会発展、環境保護を統一的に推進し、各国がその中から利益を得て、共同発展を実現すると同時に、商業と財政上の持続可能性を確保し、有終の美を飾り、善作善成を成し遂げなければならない。人民を中心とする発展思想を堅持し、貧困の解消、雇用の増加、民生の改善に焦点を絞り、「一帯一路」共同建設の成果が全人民によりよく行き渡るようにし、現地の経済・社会の発展に着実な貢献をしなければならない。民生プロジェクトは共同建設国の民衆の獲得感を急速に高める重要なルートであり、統一的な計画を強化し、より多くの地味で人心を集める協力成果を形成しなければならない。

 

同舟相済んで帆を上げ、風に乗って波を破って万里の航海をする。未来に向けて、共に協議し、共に建設し、共に分かち合う原則を堅持し、開放、グリーン、廉潔の理念を実践し、高い基準、持続可能、民生に恩恵をもたらすという目標の実現に努力すれば、われわれは必ず「一帯一路」の共同建設を推進し、質の高い発展の方向に沿って絶えず前進し、各国の相互接続をより効果的にし、経済成長をより力強くし、国際協力をより密接にし、人民の生活をより良くすることができる。