中日エコモデルニュータウンが熱気を帯び、工期を先取り
2021-10-07 10:56

国慶節連休中、市政府が今年確定した「第1号プロジェクト」の中日生態モデル新城は熱気に満ちた繁忙ぶりを見せ、プロジェクト建設者たちは休暇を放棄して工事建設の第一線を守り、工期を奪い、品質を保証し、全力を尽くしてプロジェクト建設を推進した。

 

中日エコモデルニュータウンはハイエンド設備製造、新材料、新エネルギー自動車完成車及び部品などの産業を重点的に発展させ、革新的、開放的、エコロジー、スマートな第4世代産業パークを構築し、1000億級ハイエンド設備製造産業の生態を構築し、日本企業の中国における投資の第一選択地を建設する。普湾経済区の各関連部門と中日エコモデルニュータウンの全建設者は、絶えず記録を更新する「普湾速度」で、中日エコモデルニュータウンとその付帯プロジェクトの建設を高い基準で推進し、パークの基礎付帯と公共サービスの水準が絶えず向上している。

 

大型連休中、中日エコモデル新城の玄関口広場は忙しく、轟く機械の音の中、建設者たちは残業して進度を奪い、石を積み、レンガを貼り、フェンスを補強するなど、至る所で熱い建設シーンが繰り広げられた。パークのハード環境建設の重要な保障と礎として、中日エコモデルニュータウンのインフラ建設は冬を迎える前の工事の黄金期をとらえ、さまざまな作業を全力で推進している。工事の請負責任者である中信建設は中央企業の責任意識と責任感を発揚し、施工チームを入念に組織し、工期を逆算し、フリップチャート作戦を実施し、今年の冬までに良質かつ確実に施工任務を遂行できるようにしている。現在、1期プロジェクトの3号道路は全線で道路基礎工事が展開されており、うち高新園10#-14#区間はすでに路面の硬化、歩行者用路面の敷設工事が完了し、緑化作業が急ピッチで進められている。また、中日エコモデル新城スマートネットワーク、5G灯台インフラ建設工事も全面的に展開されており、施工が全速力で進められている。

 

  普湾経済区管理委員会の職員は、「普湾人は全力で今年秋の「基礎建設の黄金工事シーズン」に取り組み、すべての力を動員して年度工事目標に向けて突進し、中日エコモデルニュータウンを一日も早く新しい日系企業が集結する現代化ニュータウンに築き上げるよう全力を尽くしていく」と述べた。