胡玉亭氏は市炭素達峰カーボンニュートラル活動指導グループ会議を主宰し、演説した
2021-10-01 11:00

930日、市の炭素達峰、炭素中和工作指導グループは会議を開催し、わが市の炭素達峰炭素中和工作の進展状況の報告を聴取し、次の重点工作の配置を検討した。省委員会常務委員、市委員会書記、市炭素達峰炭素中和工作指導グループ長の胡玉亭氏が会議を主宰し、演説した。市委員会副書記、市長、市炭素達峰カーボンニュートラル活動指導グループ長の陳紹旺氏が出席した。市委員会常務委員、副市長、市炭素達峰カーボンニュートラル活動指導グループ副組長の駱東昇氏が出席した。市政協の于保和副主席が会議に参加した。

 

会議では、「炭素がピークに達するカーボンニュートラルを実現することは、習近平同志を核心とする党中央が中華民族の永続的発展と人類運命共同体の構築という高さから出した重大な戦略的政策決定だ」と指摘した。市全体が認識しなければなりません、炭素達峰炭素中和を実現することは新しい発展理念を貫徹し、高品質な発展を推進する内在的要求であり、思想と行動を中央および省委員会の政策決定・配置に確実に統一し、組織・指導を強化し、方向性を定位させ、活動の切り口を特定し、各段階の目標・任務を明確にし、炭素のピーク到達・炭素中和活動を積極的かつ穏当に推進し、生態優先グリーン・低炭素・高品質発展の道を揺るぐことなく歩む。

 

会議では、グリーン・低炭素発展理念をしっかりと確立し、エネルギー、工業、農業、交通、建築など各業界・各分野の全面的なグリーンモデルチェンジを推進し、風光・核・水素などのクリーンエネルギーの発展に力を入れ、グリーン・低炭素生活を提唱し、資源節約と環境保護に向けた産業構造、生活様式の形成を加速することが強調された。調査・研究を深く展開し、同市の各業界・各分野の炭素排出量の底数を明らかにし、エネルギー消費と炭素排出総量、構造を正確に把握し、炭素排出の現状や傾向を心得て、正確に施策を施し、ターゲットに力を入れ、産業構造を全面的に最適化し、エネルギー構造を調整しなければならない。実施案を科学的に作成し、わが市の炭素達峰炭素中和の総目標、段階目標及び実現経路を明確にし、わが市の実情に合致するシステムソリューション案を提出しなければならない。炭素排出モニタリング統計計算体系の構築・健全化を加速し、省エネ・消費量削減政策の奨励・制約を強化し、「二重炭素」目標の実現に有利な体制・仕組みを構築しなければならない。仕事の責任をしっかりと固めて、各メンバーの職責を明確にして、仕事の専門班を創立して、力を科学的に配置して、統一的な計画を強化して、重点を際立たせて、上下連動して、協同して高効率で、共同でわが市の炭素達峰炭素中和の各任務を実行することを推進する。

 

  市の炭素達峰カーボンニュートラル活動指導グループのメンバーが会議に参加した。