国務院共同防衛·共同コントロールメカニズム総合グループ大連作業グループメンバーが帰り
2021-01-09 18:32

国務院共同防衛·共同コントロールメカニズム総合グループの大連作業グループは各任務を円満に完了し、1月8日に帰た。当日、わが市は棒島ホテルで歓送式を行い、省委員会常務委員、市委員会書記譚作鈞、市委員会副書記、市長陳紹旺が歓送に参加した。温雪瓊副市長が参加。

 

譚作鈞、陳紹旺はワーキンググループのメンバーに一人一人献花した、そして市委員会、市政府と700万の大連市民を代表して彼らに最も心からの感謝と最も崇高な敬意を表します、大連のために党中央、国務院の関心と熱を送ってきた専門家の皆様の真情に感謝して、先進的な理念、高い技術と貴重な経験を送ってきて、専門家の皆様の高い専門水准、高尚な医徳医風、無私の献身精神、私達に深く感服させて、深く励まされます。大連市委員会、市政府は習近平総書記の疫病の発生状況防止·抑制活動に関する重要講話と指示の精神を断固として貫徹し、国務院の共同防止·共同抑制メカニズムの明確な防止·抑制策略と活動原則を真剣に実行し、歯を食いしばり、さらに努力し、断固として感染撲滅戦に勝利し、党と人民に合格答案を提出する。

 

2020年12月22日、国家衛生健康委員会はワーキンググループを大連に派遣し、疫病の発生状況の調査·処置業務を指導·協力した。ワーキンググループは国家衛生健康委員会衛生応急弁公室の責任者が率い、前後して20名余りの医療管理、疫学、ウイルス学、疾病予防コントロール、衛生応急などの分野の専門家が連隊した。ワーキンググループが到着した後、直ちにわが市の疫病の発生状況防止制御指揮体系、業務メカニズムと専門チームに加入する。国家、省、市、区は流動調整トレーサビリティ業務専門班と共同で、疫学とビッグデータ方法を総合的に運用し、金普新区の現場で流動調整分析を展開し、疫病の発生状況伝播チェーンを整理する。実験室検査·測定専門家は現地の疾病予防管理機構と協力して実験室検査·測定と遺伝子配列分析·比較を展開する。医療、応急予防コントロール専門家は現場で医療救急治療、病院感予防コントロール、核酸検査·測定、コミュニティ予防コントロール、集中隔離点管理などの業務に対して調査研究指導を行う。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统