譚作鈞は市人材業務指導グループ会議を主宰し、講話を行う
2021-01-08 16:07

17日、市人材業務指導グループは会議を開き、現在の同市の人材業務を研究し、2020年の「一事一議」人材支援事項と「瓦房店市、荘河市、長海県への人材移動の奨励·誘導に関する若干の具体的措置」を審議した。省委員会常務委員、市委員会書記、市人材業務指導グループ組長の譚作鈞氏が会議を主宰し、講話を行った。市委員会副書記、市長、市人材業務指導グループ副グループ長の陳紹旺氏が出席した。市委員会常務委員、組織部長、市人材業務指導グループ副組長の王炳森氏が出席した。

 

譚作鈞は昨年のわが市の人材活動を肯定した。今年は第145カ年計画のスタートの年であり、新たな情勢·任務は人材活動に対してより高い要求を提起している。全市は習近平総書記の人材活動に関する重要な論述を深く学習し、貫徹しなければならない、人材業務をしっかりと行うことの極端な重要性と現実的緊急性を深く認識し、責任感を強化し、積極的かつ主体的に行動し、人材の誘致に力を入れ、人材を先行的に育成し、誠実に人材を残し、大胆に人材を活用し、誘致してこそ集まるためのプラットフォームを構築し、残してこそ活用するための温度を高め、全力を挙げて人材強市の「大きな文章」をしっかりと作成し、「両先区」の質の高い発展のために知的サポートを提供する。

 

譚局長は次のように強調した。都市発展のニーズをしっかりと把握し、人材業務の体制·仕組み改革を深化させ、人材発展の難題·ボトルネックの解決に力を入れ、人材と都市発展のマッチング度を絶えず高めなければならない。第一に、「両高」人材を含む各種都市ニーズ人材の導入を加速し、都市発展の主な方向と重点分野に照らして、人材の底を探り、政策措置を充実させ、「高精鋭·先端·不足」人材の導入に力を入れ、政策の実施状況を動態的に評価し、真の人材の導入と真の価値の創造を確保する。第二に、人材制度の刷新を踏み込んで推進し、不足人材目録を適時改訂·完備し、人材認定権限を穏当に委譲し、期中事後監督管理を強化し、人材育成奨励メカニズムを健全化し、より開放的な理念で多層多元化の人材引率·育成·定着業務の新たな枠組みを構築する。第三に、人材の合理的かつスムーズな流動を促進し、人材の社会的流動を制約する閉塞点を注視し、需給の連携をしっかりと行い、真に人材が都市と農村の間で流動し、事業体の間でスムーズに移動できるようにする。瓦房店、荘河、長海はチャンスをしっかりつかみ、人材の吸着力を強化し、人材と地域発展の周波数共振を実現しなければならない。第四に、人材サービス保障を強化し、人材が革新·起業につながる「グリーンルート」を構築し、人材サービスプロセスを最適化し、人材住宅·医療·子女入学などの政策保障体系を完備し、「人材を引き付け、引き留め、活用する」濃厚な雰囲気を醸成する。

 

譚氏は次のように強調した。各級党委員会(党グループ)は党の人材管理原則を真剣に実行し、人材業務責任制を履行し、常に人材業務を際立った位置に置き、主な責任者は先頭に立ち、手本を示さなければならない。各級人材業務指導グループは科学的な政策決定を履行し、統一的に協調し、職能·役割の実行を督促し、今年の重点任務と全面的に照らし合わせ、実務的かつ効果的な真の採·践法を提出しなければならない。監督·検査·考課を強化し、人材業務責任制の実施状況を指導グループと指導幹部の実績考課に組み入れなければならない。

 

会議はテレビ電話会議の形式で開催された。市人材業務指導グループのメンバー、各区市県、開放先導区人材業務指導グループの責任者等は主会場或いは分会場で会議に参加する。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统