わが市の標準化作業は新年に「スタートブレイク」を迎えた。
2021-01-22 16:35

先日、国家標準化管理委員会が発表した統計情報によると、わが市の標準化作業は新年に「スタートブレイク」を迎えた。新しいISO 19230:2020ガスの分析・サンプリングに関するガイドライン第1項GB/T 39166-2020『抵抗スポット溶接、プロジェクション溶接及びシーム溶接ヘッドの机械剥離試験方法』などの国家標准42項目、JT/T 1349-2020「多機能鋼製パレット技術要件」などの業界標准18項目、氷山技術服務(大連)有限公司が建設を担当する「国家級冷凍及び空調補修保運サービス標準化試行」、大連口岸物流網有限公司が建設を担当する「国家級物流情報サービス業標準化試行」の2つの国家級サービス業標準化試行は順調に審査検収を通過した。

 

2020年には、市市場監督管理局は疫病の発生状況による不利な要素を全力で克服し、わが市の企業・事業単位が「百城千業万企対標基準達成向上特別行動」に参加するよう積極的に誘導し、標準育成プロジェクトを強力に実施し、全国的な影響力を持つ先進的な標準を継続的に組織・改正し、標準化モデル・試行建設を強化し、わが市の国際・国内標準の発言権を継続的に強化し、都市競争のソフトパワーを継続的に強化し、地方経済の発展に強い原動力を注ぎ込んだ。今回新たに追加された国家標準と業界標準の件数はいずれも例年同期より大幅に増加した。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统