譚作鈞氏は市委員会常務委員会拡大会議を主宰
2021-01-17 17:52

1月15日、市委員会常務委員会は拡大会議を開き、市人民代表大会常務委員会、市政府、市政協、市法院、市検察院党グループと市委員会党群部門の2020年業務総括と2021年業務手配報告を聴取した。省委員会常務委員、市委員会書記譚作鈞が会議を主宰した。

 

会議は次のように指摘した。2020年には、市人民代表大会常務委員会、市政府、市政協、市法院、市検察院党グループと市委員会党群部門は習近平新時代の中国特色のある社会主義思想を指導とすることを堅持している、党中央と省委員会、市委員会の政策決定と配置を断固として貫徹全市中心部の活動に焦点を当て、責任感を強化し、積極的かつ主体的に行動し、疫病の発生状況の防止・抑制と経済・社会の発展を統一的に推進し、全面的な厳しい党内統治主体の責任を厳格に実行し、根気よく作風建設を強化し、各活動は着実な成果を収め、全市の経済・社会の持続的で健全な発展のために強固で力強い保障を提供した。

 

会議では、今年は中国共産党創立100周年にあたり、「第14次五カ年計画」が始まる年であり、市人民代表大会常務委員会、市政府、市政協、市法院、市検察院の党グループと市委員会の党群部門は終始党の政治建設を第一位とし、政治判断力、政治悟り力、政治実行力を絶えず高め、「四つの意識」を着実に強化し、「四つの自信」を固め、「二つの擁護」をやり遂げなければならない。理論武装を強化し、習近平新時代の中国特色のある社会主義思想、特に党の第19期第5回中央委員会全体会議の精神を理解し、理解し、実践することに引き続き力を入れ、わが市の今後5年、15年の質の高い発展目標・任務を定着させ、大勢を見て、全局をはかり、大事に取り組み、党中央の重大な政策決定・配置が大連で着地し、効果が現れるよう確保しなければならない。党の指導を全面的に強化し、新時代の党建設の総要求を真剣に実行に移し、党内の政治生活を規範化し、幹部陣の建設を強化し、絶えず風紀粛正・腐敗撲滅に取り組み、「すぐにやり、やればうまくやる」という仕事ぶりを大いに発揚し、全面的な厳しい党内統治の深化を推し進め、優れた成績で党創立100周年を祝わなければならない。

 

会議では、5つの党グループと市委員会の党グループ部門は市委員会中心の活動をめぐり、真剣に職責を履行し、主体的に行動を担当し、実際の行動で第一歩を踏み出し、新たな気風を見なければならないと強調した。市人民代表大会常務委員会党グループは、市委員会人民代表大会工作会議の精神を深く貫徹し、憲法と法律から与えられた職責を真剣に履行し、質を高めて良法を制定し、重点と強い監督を際立たせ、質の高い発展に着目して大事を協議し、代表の役割を発揮して活力を高め、法に基づく職責履行能力とレベルを絶えず向上させなければならない。市政府の党グループは安定しつつ前進を求める活動全体の基調を堅持し、「六安定」活動を着実に行い、「六保」任務を全面的に実行し、経済の安定した健全な発展を揺るぐことなく推進し、改革開放・革新を持続的に深化させ、民生の保障・改善活動を着実に行い、常態化した疫病の発生状況の防止・抑制を緩めることなくしっかりと行い、年間の各目標・任務の実行を確保しなければならない。市政協党グループは市委員会政協工作会議の精神を真剣に実行し、思想・政治的けん引を強化し、政協工作制度を健全化し、専門協議機構の役割を発揮し、広く協議・議政し、深く調査・研究し、積極的に提言・献策し、大連の全面的な振興・全方位的な振興を支援しなければならない。市法院党グループは、人民のための司法、公正な司法を堅持し、民法典を真剣に貫徹、実施し、司法改革を継続的に深化させ、裁判体系と裁判能力の現代化建設の推進を加速しなければならない。市検察院党グループは、より高い検察自覚をもって監督を強化し、正義を守り、法に基づき各種市場主体の合法的権益を平等に保護し、質の高い発展のために有力な保障を提供しなければならない。市委員会・党群部門は通年の業務任務に焦点を当て、着実に取り組み、堅塁を攻略し難関を克服し、党中央と省委員会、市委員会の政策決定・配置の貫徹において先頭に立つよう努力しなければならない。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统