わが市の各交通中枢は多くの措置を講じ、学生の無事、健康、秩序立った帰郷を全力で保障する
2021-01-17 17:52

1月16日午後、大連市政府新聞弁公室で開かれた記者会見で、市交通運輸局の張志明副局長は、「同市は学生が安全、健康、各種交通手段に乗って順調に帰省することを全力で保障している」と説明した。市予防コントロール総指揮部の「大学業務専門班」業務配置に基づき、同市は1月中旬から低リスク地区の大学学生の冬休みの離校業務を開始し、市交通運輸局は最近の疫病の発生状況情勢の変化と結び付けて、大学及び関連部門・単位と協調し、学生が時間とピークを間違え、安全で秩序立って、期間とグループに分けて離校・離校するよう組織した。

 

各港湾間の連動、教育部門・大学との連絡制度を構築し、輸送力を増やして需要を満たす。同市は今年の春運の準備作業を開始した、市春運と疫病の発生状況防止制御業務指導グループの指導の下、市交通運輸局は速やかに学校を離れた学生の交通運輸保障業務専門班を設立し、局の主要指導者が専門班の組長を務め、空港、鉄道駅、港の旅客ターミナル、長距離旅客ターミナルなどの交通中枢責任者を専門班のメンバーとし、連動メカニズムを初歩的に形成した。教育部門と緊密に協力して速やかに部門連絡制度を確立し、大学業務専門クラスの手配会議に積極的に参加し、「大学生の冬休み・休暇退学業務方案」に調印し、大学との協調・連動を強化し、学生の交通運輸保障において現れた各種の困難な問題の解決を推進する。

 

空港側は自主的に各航空会社を調整して、疫病の発生状況期間中に一部のフライトが欠航した実際の状况に対して、関連航空会社にフライト数を増やして、一定数の学生にチャーター便のサービスを提供するように努力する。鉄道駅は上級主管部門と調整し、同じ方向に行き、学生の数が多く、比較的集中している路線に対して、輸送力を増やして学生を帰郷させる。運営資質を有する旅客輸送会社を協調的に提供し、疫病の発生状況防止制御の要求を厳格に実行する前提の下、学校を離れた学生に対して「ポイントツーポイント・ワンストップ」運輸サービスの保障を提供する。道路旅客輸送企業と学校との連携・協力を強化し、積極的に社会的責任を負い、学生の安全・秩序ある移動を全力で保障するよう調整する。

 

学生の緑色通路を確立し、駅に入る前に「カードコード」の検査と48時間以内の核酸検査陰性証明を統一的に組織する。空港、鉄道駅、港湾旅客ターミナル、長距離旅客ターミナルなどの交通中枢では、離連人員の管理をさらに強化し、離連人員の「3日以内の核酸検査陰性証明書」、「国務院旅程カード」、「遼事通健康コード」を厳格に検査する。学生の迅速な検査を容易にするために、。各交通ハブに離校学生専用のグリーン通路を開設し、市交通運輸局と各交通ハブの研究を経て、承諾制検査方法を制定した、駅に入る前のバスでは、学校が48時間の核酸検査陰性証明書と「カードとコード」のダブルスキャンを統一的に組織して検査し、駅に入る条件に合致する学生を統一的に秩序立って専用通路から直接駅に入るように組織し、駅に入る検査時間を減らし、学生が駅の外に集まるのを避け、疫病の発生状況が交通ルートを通じて出力するリスクを最大限に低減する。

 

空港は学校を離れる学生に専用区の待合室、荷物の優先保障、搭乗前のアナウンスなどの心温まるサービスを提供している。各駅では、実際の状況に応じて、待合室に人が集中しないように制限時間待ちを実施している。港湾旅客ターミナルは学校を離れた学生に優先的に駅に入り、専用区に着席し、優先的に船に乗るサービス措置を提供し、必要な学生に個人防護物品、防疫宣伝パンフレットなどを提供する。

 

学生の学校への帰省交通保障には緊急時対応策があり、帰省旅行の安全性と制御性を確保している。春運期間中、旅客輸送場・駅・空港・埠頭・鉄道駅・交通運輸手段に換気・消毒などの措置の頻度を増やし、関連する疫病の発生状況防止・抑制要求を厳格に実行する。実際と結び付けて、学生の学校への交通運輸保障緊急時対応策を制定し、突発的な状況を速やかに処理する。同時に安全生産責任制を厳格に実行し、悪天候下での運営、就航などの要求を真剣に遵守する。さらに多くのルートで道路状況や天気などの情報を発表し、乗客の流れの予測分析データを適時に発表する。道路旅客輸送企業が安全生産主体の責任を確実に実行するよう督促し、車両安全技術性能のメンテナンスを強化し、道路輸送安全リスク防止能力を向上させ、学生輸送の安全を確保する。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统