市新型都市化活動指導グループが活動会議を開催
2021-01-14 10:15

昨日、市新型都市化工作指導グループは工作会議を開いた、習近平総書記の新型都市化建設の推進に関する重要な講話と指示の精神を深く学習・貫徹し、わが市の新型都市化建設活動の報告を聴取し、思想を統一し、任務を明確にし、措置を強化し、新型都市化建設を絶えず推進して新たな突破を実現し、わが市の経済社会の質の高い発展のために新たな原動力を注入する。市委員会副書記、市長陳紹旺が会議を主宰し、講話を行い、市の指導者盧林、尹衛軍、張志宏、温雪瓊、楊耀威、靳国衛、長興島経済区管理委員会主任楊広志が会議に参加した。

 

会議は次のように指摘した。人を核心とする新型都市化戦略の実施は、党の第18回代表大会以来、習近平同志を核心とする党中央が行った重大な戦略配置である。各地区、各関係部門は政治的地位をさらに高めなければならない、習近平総書記の重要講話と指示の精神を深く学習・理解し、全面的に貫徹・実行し、新型都市化建設の重大な意義を深く認識し、新発展理念をけん引とすることを堅持し、人の都市化を核心とし、都市と農村の融合発展を統一的に計画し、産業を基とし、就業を本とし、新型都市化の質の高い発展を促進する。

 

会議では、系統的思考を堅持し、大局意識を強化し、都市化発展の客観的法則を科学的に把握し、前向き思考、全局的計画、戦略的配置を強化し、主な矛盾を把握し、主な攻撃方向を際立たせ、全局的発展を牽引しなければならないと強調した。都市の更新活動を加速しなければならない、計画、建設、管理の関係を統一的に計画し、生産、生活、生態の関係、脆弱部分の補強と機能の向上の関係、改造と保護開発の関係、政府投資と社会資本の関係は、老朽団地の改造、県城の公共施設とサービス能力の向上、重点鎮の建設などを全面的に整理し、大衆の声に耳を傾け、軽重緩急を区分し、優先順位を明確にし、正確かつ秩序立って推進する。人材政策、定住政策を適時に研究・調整し、人口の質と支持度を向上させなければならない、保障タイプ賃貸住宅の建設を強化し、長期賃貸住宅政策の整備を加速し、財産権共有住宅の推進に力を入れ、ローエンドで保障、ミドルエンドで支援、ハイエンドで市場のある住宅政策体系を健全化する、各種市場主体を育成・拡大し、就業安定・就業促進の「組み合わせ拳」を打ち出し、都市部で安定した就業と生活を行う能力のある常住人口の秩序立った市民化の実現を促進する。県域経済の未発達、県城のインフラと基本公共サービスへの投入不足の問題の解決に力を入れ、県城の総合的な積載能力と管理能力を強化し、県城の重要な積載能力の役割を効果的に発揮させなければならない。多元的投融資メカニズムを確立し、より多くの国の資金と政策支援を積極的に獲得し、社会資本の役割をよりよく発揮させ、新型都市化建設を積極的に支援しなければならない。

 

会議では、各地区と関連部門が目標指向、問題指向、結果指向を堅持し、組織指導を強化し、業務責任を強化し、現地に応じて適切に対応し、大胆に探求し、勇敢に革新し、配置要求を具体的な行動と業務の実効性に転換し、大連の特色を持つ新型都市化の道を歩むよう努力するよう求めた。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统