2020年の国慶節・中秋節連休中の旅行衛生に関する重点ヒント

Updated:2020-09-22 10:42

    またもうすぐ国慶節中秋節の大型連休だ。多くの人が2020年の初の旅行を手配するかもしれない。中国疾病予防コントロールセンターによると、現在も新型コロナウイルスによる肺炎(国際通用名「2019冠状ウイルス病」、COVID-19)疫病の発生状況の世界大流行期にあり、不要なクロスボーダー旅行をできるだけ避け、国内旅行を正常に手配することができ、旅行期間中は旅行目的地の新冠予防コントロール業務の関連要求に従わなければならない。

 

    [重要なリスクのヒント]

 

   1.2020年の国慶節・中秋節期間中の中国国内旅行は、新型コロナウイルスとノロウイルス感染、食中毒の予防に重点的に注意する必要がある。

 

   2.現在、中国国内各地はいずれも新冠疫病の発生状況の低リスク地区であり、正常に旅行することができ、旅行期間中は旅行目的地の新冠予防コントロール業務の関連要求に従わなければならない。手洗いなし消毒液、除菌ウェットティッシュ、マスクなども用意する。旅行中は他人との距離を保つように注意し、手洗いをこまめに行い、密閉し、人が密集している場所ではマスクを着用する。

 

    3.現在、新冠疫病の発生状況が世界的に大流行しており、国や地域によって異なる旅行制限措置が取られており、出入国前後に最長28日間の隔離観察が必要となる可能性があり、短期のクロスボーダー旅行体験に深刻な影響を与える可能性がある。

 

    4.祭り期間中は会食や外食の機会が増え、ノロウイルス病、食中毒の予防に気をつけましょう。火が通っていない食べ物、消毒されていない乳、皮をむいていない果物、生の野菜を食べず、生水を飲まない。野生キノコや野生植物を摘み取ったり食べたりしない。外食の際には、正規で衛生的なレストランやレストランを選ぶように注意してください。

 

   [関連リスクの特性及び具体的な予防対策]

 

   1.新型コロナウイルスによる肺炎

 

   9月21日現在、世界215の国と地域で報告された新型コロナウイルスによる肺炎確定患者は累計3094万件を超え、累計死亡者は95.9万人を超えている(リアルタイムの疫病の発生状況はhttp://2019ncov.chinacdc.cn/2019-nCoV/global.htmlを参照)。ここ1週間、世界で1日平均28万件以上の新規確定患者が報告された。

 

   中国内地は8月21日以来本土感染のない確定患者或いは無症状感染者を報告し、8月29日から現在まで内地はすべて低リスク地区である。

 

   海外疫病の発生状況があちこちで発生し、持続的に蔓延・拡散している。アメリカ地域は最近報告された新規症例数は減少したが、依然として世界で最も疫病の発生状況が深刻な地域であり、毎週報告された新規症例数は世界の約半分である。東南アジア地域の前年疫病の発生状況の伸び率は最も速く、毎週新たに報告された症例数はアメリカ地域を上回り、特にインドの疫病の発生状況は持続的に明らかに上昇している。欧州地域の疫病の発生状況は5-6月にやや低下した後に再び上昇し、これまでのピークは春を超えてなお上昇中である。東地中海地域の疫病の発生状況は8月にわずかに減少した後、再び上昇し、季節的な宗教的・文化的群衆の集まり、結婚式の祝典、その他の社会的イベントの結果、この地域の疫病の発生状況は再び上昇した。西太地区の人口100万人あたりの累積症例数と死亡数は世界で最も低く、最近の疫病の発生状況は比較的安定している。アフリカ地域の疫病の発生状況は7月末から減少傾向にある。

 

   主な予防対策:

 

   (一)中国大陸部は現在、いずれも低リスク地区であり、正常に旅行することができ、旅行期間中は旅行目的地の新冠防止・コントロール業務の関連要求に従わなければならない。手洗いなし消毒液、除菌ウェットティッシュ、マスクなども用意する。閉鎖的な場所や人が集まる場所への移動を最小限に抑え、会食を減らす。発熱症状その他の旅行に適さない病気が発生した場合には、旅行を延期または中止すること。クロスボーダー旅行では、もし目的地が旅行者に入国後14日間の隔離医学観察を要求した場合、中国は入国者に対しても14日間の隔離観察を必要とし、出国前後に最長28日間の隔離観察を必要とする可能性があり、短期旅行体験に深刻な影響を与えることになる。そのため、個人的に旅行時間を比較検討し、国慶節・中秋節連休の不要な国境を越えた旅行をできるだけ避けることを提案する。

 

   (二)旅行期間中、飛行機、列車などの交通手段に乗る際には、秩序と乗務員の管理要求を遵守し、全過程でマスクを着用し、手の衛生をしっかりと行い、手形を適切に保存して照会しなければならない。遊び中は整然と並んで、できるだけ1メートル以上の距離を保ち、閉鎖的な場所や人が密集している場所ではマスクを着用しなければならない。レストランでの食事は、他の人と1メートル以上の距離を置いて、間隔を置いて座るか、同じ側で食事をすることをお勧めします。旅行中に発熱、無力、乾いた咳などの症状が現れた場合、直ちに近くの医療機関で診察を受け、旅行をキャンセルまたは中止しなければならない。

 

   (三)旅行から帰ってきた後、引き続き個人の健康モニタリングを行い、14日間自己観察しなければならず、体調不良が発生した場合には、速やかに診察を受け、自らの旅行歴を医師に告知しなければならない。海外旅行から帰国した人の場合は、中国の最新版新型コロナウイルスによる肺炎予防制御方案の要求に基づき、14日間の集中隔離医学観察を実行し、或いは条件が整った場合、自発的に「7+7」「2+1」の管理モデル、即ち7日間の集中隔離と7日間の在宅隔離、入国港の税関核酸検査・入国地の集中隔離後期核酸検査・在宅隔離期間満了後核酸検査を実行しなければならない。

 

   2.食中毒

 

   5〜10月は中国の食中毒高発月である。祭り期間中に会食や外食の機会が増え、食品衛生状態が良くない場合、食中毒の発生可能性が高くなる。

 

   中国内地の食中毒は微生物性食中毒事件の発生数と中毒人数が最も多く、主に飲食サービス単位と集団食堂で発生し、集団で同一種類或いは多種の汚染或いは変質された食品を食べた後、多くの人が集中的に発病することを表現する。患者は食事後24時間以内に吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの胃腸管症状がよく現れる。腹痛以上、中腹部持続或いは陣発性絞痛が多く見られ、嘔吐物の多くは食事の食物である。よく吐いてから下痢し、毎日数回から数十回下痢し、多くは黄色の稀便、水様或いは粘液便である。

 

   主な予防対策:飲食衛生に注意し、食前便後は手を洗う。火が通っていない食べ物、消毒されていない乳、皮をむいていない果物、生の野菜を食べず、生水を飲まない。野生キノコや野生植物を摘み取ったり食べたりしない。新鮮で安全な食品原料を選び、生と熟の分離に注意して加工する。外食の際には、正規で衛生的なレストランやレストランを選ぶように注意してください。

 

   3.ノロウイルス病

 

   ノロウイルス病の爆発疫病の発生状況は主に託児機関や学校で発生する。旅行団、クルーズ船、リゾートセンターでもノロウイルス病の爆発疫病の発生状況がよく発生している。近年、中国では国内外の旅行団によるノロウイルス病疫病の発生状況の発生が数件報告されている。9月以来、全国ですでに30件以上のノロウイルス病の爆発が報告され、関連する病例は約1500例で、死亡はなかった。主に学校で発生しています。

 

   人々は通常、ノロウイルスに汚染された食品や水を食べたり飲んだり、ウイルスに汚染された物体や表面に触れて口に指を入れたり、ウイルスに感染した患者に接触したりする(患者の世話をしたり、患者と食品を共有したり、食器を共有したりする)。最もよく見られる臨床症状は嘔吐と下痢であり、その次は吐き気、腹痛、頭痛、発熱、寒さと筋肉痛であり、多くの患者は症状が2〜3日持続した後に回復する。ごく少数の症例で重症や死亡が発生することがある。重症が発生するハイリスク群は高齢者と低年齢児童である。

 

   主な予防対策:手洗いに注意してください。特にトイレやおむつ交換の後、食事、準備、加工の前に注意してください。果物及び野菜は、食べる前に慎重に洗浄し、カキ及びその他の貝類・海産物は、深く加工して食べること。ノロウイルス感染者の罹患期間から回復後3日以内に食品の準備と加工又は他の患者の付き添いをすることができない。患者の嘔吐物や糞便で汚染された表面は、塩素含有漂白剤やその他の有効な消毒剤で速やかに洗浄消毒し、汚染された衣類やシーツなどを速やかに脱いで洗浄し、洗浄する際にはゴムや使い捨て手袋を着用し、洗浄後は慎重に手を洗う。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统