国務院共同防止・共同コントロール体制は17省に対して秋冬新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況防止・コントロール特別監督検査を実施する

Updated:2020-09-19 10:38

    国家衛生健康委員会が18日によると、国務院共同予防・共同コントロールメカニズムは9月下旬、17の省に対して秋冬新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況予防コントロール特別監督検査を実施し、各地が各種予防コントロール措置を実行するよう督促し、抜け穴を速やかに塞ぎ、弱点を補い、強弱項目を補強し、秋冬疫病の発生状況の反発を断固防止する。

 

    国家衛生健康委員会主任、国務院共同防止・共同コントロールメカニズム総合チーム長の馬暁偉氏は同日開催された国務院共同防止・共同コントロールメカニズム2020年秋冬新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況防止・コントロール特別監督検査業務動員研修会で、次のように述べた、現在、疫病の発生状況は依然として世界に蔓延しており、国内で散発する病例と局部的な疫病の発生状況の発生リスクは依然として存在しており、秋冬の新型コロナウイルスによる肺炎とインフルエンザなどの呼吸器疾患が絡み合っており、予防とコントロールの任務は困難である。今回の特別監督・検査は監督・検査の重点に焦点を当て、監督・検査の実効性を追求しなければならない。

 

   馬暁偉氏は次のように述べた。各地が「四方の責任」を強化し、「五有三厳」を実現するよう重点的に督促し、「外部からの輸入防止、内部からの反発防止」の各措置を実行し、人物の共同防止、多病共同防止を堅持し、港湾や食品輸送加工などの重点段階、学校やコミュニティなどの重点場所での予防・コントロール措置の実行を強化し、医療機関や病院の感覚による予防・コントロールを強化し、「四早」措置を実行しなければならない。同時に、核酸検査・測定、医療機関の救急治療、集中隔離場所の配備、予防・コントロール物資の備蓄、人員と応急支援などの面で準備を整える、人員、設備、施設、物資、能力を確保し、集積性疫病の発生状況を発見した場合、5-7日以内に所在地区全員の核酸検査を完了し、疫病の発生状況の拡散・蔓延を最大限に抑制する。

 

   馬暁偉氏は次のように述べた。今回の特別監督検査は、大部分の時間と精力を問題の調査、秘密訪問監督検査、無作為抽出検査、実地インタビューなどの面に注がなければならず、敢えて真剣に取り組み、問題の発見と解決の推進に力を入れ、「指定されたルート」を歩かず、「模範盆栽」を見ないようにしなければならない。

 

   新華社北京9月18日電(王秉陽記者)集中的な疫病の発生状況を厳重に防止し、秋冬の新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況の予防・抑制業務を適切に行い、「検査を尽くしたい」人のニーズを満たすため、国務院共同予防・共同抑制メカニズムはこのほど通知を発表し、疾病抑制機関が新型コロナウイルス核酸検査サービスを展開することを奨励した。

 

   同通知によると、各級疾病対策機関は核酸検査の社会化サービスを積極的に提供し、検査を希望する人が速やかに検査を受けることができるようにしなければならない。検査・測定規範の要求に基づき、実験室の改造・拡張、機器設備の配備、検査・測定人員の訓練などを真剣に行い、実験室の品質管理業務を行い、検査・測定の品質を保証しなければならない。同時に実験室の生物安全管理を強化し、操作プロセスを厳格にし、残りの生物サンプルと実験室廃棄物を適切に処理しなければならない。

 

   検査・測定サービスの料金徴収問題について、通知は、省級財政及び価格主管部門は料金徴収の立案審査・認可及び料金徴収基準の制定業務を適切に行わなければならず、料金徴収基準は現地医療機関の核酸検査・測定価格基準と連携しなければならないと指摘した。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统