大連空港 第1四半期の運輸生産において「よいスタート」を実現
2017-04-05 14:31

   去年急激な発展の勢いに続き、大連空港は第1四半期に順調に「よいスタート」を実現した。旅客の取扱量は370.6万延べ人数に達し、同時期と比べて14.7%増となる。3.1万機のフライトを保障し、同時期と比べて10.4%増となる。3.8万トンの貨物・郵便物を取扱い、同時期と比べて17.3%増となる。3項の指標は皆歴史の同時期の新高値を作る。

    旅客の需要を満たすため、大連空港が正確な目標を選んで力を出し、複数の定期とチャーター機の航路を新たに増加しまた暗号化した。国際と地区航路において、ベトナム航空を導入し、芽荘定期航路を開通した。また、日本の北九州とカンボジアのアンコール・ワットまでの観光チャーター機航路を開通した。国内線において、大連―唐山―桂林、大連―張家界、大連―長治などの多くの航行点を新たに増加した。大連―西安、成都、貴陽、蘭州、銀川などの中西部地区の航路を暗号化した。長白山、唐山、邯鄲、義烏と麗江などの多数の航行点との航路を回復し、航路ネットワーク構造を更に改善した。

    貨物輸送において、大連空港は泊まるフライトの朝ピーク期運送率を大幅に高め、1月21日の国内出港貨物量は167トンの一日歴史ピーク値を創造した。第1四半期に臨時貨物チャーター機の総取扱量は967トンに達し、第1四半期会社の貨物・郵便物扱い量増分の22%を占め、歴史の同時期の新高値を作った。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统