すごい、われ大金普!
2017-02-13 09:21

   春節をあけて出勤すると、金普新区には良いニュースが絶えず、チャンスを先につかむ発展する春が早めに到来した。

   最もエキサイティングな良いニュースには、何よりも遼寧自主貿易区の全体案が国務院に正式に報告し、今年の上半期に除幕式が行われる見込みであるにすぎない。全体案で、遼寧自主貿易区が合計で120平方キロメートルからなり、瀋陽、大連、営口の3つのエリアに分けられ、中には、瀋陽エリアが30平方キロで、大連エリアが60平方キロで、営口エリアが30平方キロである。金普新区が自主貿易のチャンスを先につかみ、良い先手を進め、現在までは、すでに上海、広東、天津市、福建省など自主貿易区の成形された経験政策の整理、自主貿易区の産業政策リストの制定、自主貿易区法律文書の編成など数十作業を完了した。次に、新区は、自主貿易区の実施案を確りと制定し、自主貿易区政策の履行を加速し、自主貿易区の良好な作業メカニズムを形成させ、上海など自主貿易区の経験を借用すると同時に、積極的に外資誘致、技術誘致、智能誘致して、自主貿易区の核心区を構築する予定である。

   同様にエキサイティングなのが、尚省政府が『大連金普区の建設発展を推進する実施意見について』が公式に発行され、全省の力を挙げて金普新区の建設発展をサポートするよう明確された。そこで、遼寧自主貿易区、開放型経済新体制総合試行試験区の構築、中国(大連)クロスボーダー電子商取引総合試験区の構築、瀋大国家自主革新模範区や省委と省政府が推進される金普新区の建設発展実施意見など「5大プラス」が金普新区にフォーカスされ、新区がチャンスが集まり、政策が重ね、優位性が目立ち、潜在力が釈放される「黄金期」を迎えた。

  今年1月の統計データでは、新区が「スタート紅」を実現した:1月、新区では市場主体1356戸が増加され、同時期より5.45%増長した;開発区国税の第一ヶ月の税収が16.57億元で、前年同期に比べて10.22%増長した;開発区地方税の第一回月税収が10.45億元で、前年同期に比べて6.4%増長し、通年の良いスタートであった。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统