金普新区 今年新しい道を50本増加、公共交通路線を12本新設・調整
2017-01-03 03:46

    今年、新区では計9本の重点交通工事、41本の村行き油道工事、また公共交通路線を12本新設・調整して、新区の道路交通ネットワークをより合理化させて、都市と農村住民の交通を便利化させた。  

 

 9本の重点交通工事の内、渤海大道の一期工事でのもと金州新区エリアはすでに13億元の投資分を完成した。大正路一級道路の継続建設工事は全体の90%を完成した。丹東線の路面改造工事、劉大線稲香村から老虎山までの路面改造工事、金七線陸海エリアの路面改造工事、魏西線の路面改造工事、白嶺線の路面改造工事はすでに竣工した。柳姜線の路面改造工事と浜海路の4.5キロメートル大規模修理工事と魏西線の0.9キロメートルの大規模修理工事は竣工し、英山線の8キロメートルの大規模修理工事の橋梁と暗渠の主体は竣工した。10月20日に始まった黒大線石河橋の改造工事は年末まで全体の10%を完成できる。竣工された道は次々と使用開始されてくる。41本の村行き油道工事は計3460万元を投資されて、総長が43キロメートルで、華家、杏樹、登沙河、石河など11本農村行き大通りをカバーでき、45つ村で油道を設けた。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统