百花斉放、公共交通優先、カーフリーディを
2016-09-30 05:21

 9月22日、当市が多部門連合して、「カーフリーディー」活動を積極的に展開した。共青団市委、ボランティア協会が各大中心乗り場、地下鉄駅で「10日間ごとに1日間運転減らす」活動を宣伝し押し広めた。

 関連筋によると、活動当日に12000人余りが免許を持参して無料で公共交通で出かけた。大連日報、晩報、地下鉄報などメディアが引き続き第一面及び関連版面で当市の公共交通出かけ宣伝週毎日主題活動を報道して、「公共交通優先選択、緑色出かけ」雰囲気を営造する見込みである。

 ラッシュアワーでの監視測定と現場での了解では、当市市民が次々と緑色出かけに呼応し、自家用車の出かけは明らかに減少し、カーフリーディーに当市は交通がスムーズになった状況が明らかに改善された。特に乗客管理処の張国萍処長がテレビ《財経ホット観察》特定テーマより公共交通発展成果を宣伝し、緑色出かけを提唱して、顕著な効果を収めた。  

 9月23日、当市の地下鉄運営公司、公共交通集団、遠大旅客運送等公共交通企業が市教育部門と連合して、中小学校キャンパスに入って「公共交通優先選択、緑色出かけ」の理念を宣伝し、中小学生に小さい時から公共交通で出かける意識を育成させた。全体学生に「公共交通優先選択、緑色出かける提唱書」宣伝資料を配布し、学生達に公共交通での出かけを良好的な生活方式にならせるよう提唱した。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统