春節時の航空券発売開始 南航は便数を増やす方針
2016-12-09 04:10

 

  8日南方航空の話によると、春節ラッシュ40日間、南方航空を利用する旅客延べ人数が1100万を超える見込みで、去年同時期より15%増になると考えられる。春節ラッシュ時に於ける莫大な数の旅客の帰省、旅行ニーズを答える為に、南方航空は春節ラッシュ期間中に航空便数を7300便を追加する申請を出した。その中で、海外や香港・マカオ・台湾地区への便数が700余り、国内便数が6600便である。

  現在では、春節ラッシュの航空券は既に販売し始められた。

  その他、南方航空は大都市で働く人が家族を大都市に誘って年越しすることを推奨する為に、大量のオフシーズン買得航空券をも販売している。春節前に奥地から大都市へ飛び、春節後に大都市から奥地へ飛ぶ人に対して、航空券に大きな割引を付ける。例えば、春節前に、武漢-上海浦東の航空券が最低280元で、春節後北京-大連の航空券は最低200元である。

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统