長海県市場監督管理局 民間航空安全管理の関連業務を強化
2015-08-28 07:48

 

 大連市工商局から民間航空の安全管理を強化する指示を受けた後、長海県市場監督管理局は直ちに逐次検査を行い、民間航空の安全管理に関わる業務を確実に展開していた。  

 

 一、市場監督管理業務の職責を明確にし、逐次検査を強化した。

 

 1. 直ちに長海県管理局所属の5つの市場監督管理所を組織し、各管轄区域に対して、化学危険物、花火爆竹、孔明灯、凧、無線電波発射設備を販売する企業、及び飛行船、グライダー、パラモーター、風船を利用する企業等の航空安全に関わる企業に対して逐次検査を行い、無許可証営業や危険物販売等の違法行為を徹底的に取り締まることにする。検査の結果、長海管下の花火爆竹販売企業はただ一社で、関係書類は所持していて、法によって経営している。その他の航空安全に関する企業はなかったということ。  

 

 2. 法執行員は特に市場検査を強化し、「平安」市場、「誠実信用」市場創建活動と結びつけ、管下の6つの市場に対し検査を行った他、市場管理機関に対する管理を強化し、その管理職責の徹底を督促した。

 

 二、宣伝教育を強化し、企業経営者の民間航空意識を高めた。

 

 逐次検査を展開する同時に、花火爆竹企業の経営者に対し、航空安全知識についての宣伝教育を強化した。経営者に自分の販売する製品が航空安全とが緊密な関係があると認識させ、安全予防意識と航空安全確保意識を向上させた。

 

 三、連携を強化し、合力を生み出す。

 

 航空安全管理機関や部門間の連携を強化し、情報の共有化を実現した。迅速に対応し、航空安全管理業務において、力を合わせて、実質的効果を収めた。

 

 今回の検査は法執行員を16人、執法車両5台を出動し、検査結果が良好だという。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统