長海県 プラスエネルギーによる職業の新しい風習を樹立
2015-06-24 05:52

 

       我が県の広汎な受験生が大学受験を受ける時、安全定刻に試験会場に到着できるため、今年の大学受験の際に、県の交通口岸局が運輸管理所を委ね、運転協会と提携し、“受験愛心送り”と言う公益活動を再度行ったことより仁愛な伝統美徳を発揚し、時代の互助精神を提唱し、社会主義の核心価値観が現れた。


   今回の公益活動が、70人のタクシーボランティアを厳格で選択し、“受験愛心送り車チーム”になり、4千元余りで運転手のために統一なユニフォームを購入し、“受験愛心送り”の車両標識ロゴを作った。受験期間に、受験票を持つ受験生は誰でも無料で“受験愛心送り”のロゴがあるタクシーを乗れる。同時に、遠い受験生、又は困難がある受験生のために、緊急車両を用意した。

 

     今年の公益活動は県交通口岸管理局の4回目の活動であり、その旨は“受験愛心送り”によって更に社会のプラスエネルギーを発揚し、島のタクシー業界に優れた風習を樹立し、それを津々浦々に知れ渡るブラント公益活動になされ、我が県の全国文明県活動により、錦上花を添える。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统