旅順口区 「業務革新の年」に初期の革新リストを確定
2015-05-07 06:01

 

   大連市委からの要求に従い、旅順口区は「業務革新の年」プロジェクトを今年三月に正式に開始させ、今は全面推進段階に入った。先日、旅順口区「業務革新の年」プロジェクト推進グループが報告会を開催し、初期の革新リストを決定した。旅順口区委の常任委員、旅順緑色経済区党工委副書記、管委会副主任、区の「業務革新の年」プロジェクト推進グループのリーダである張守財が会議を仕切り、演説をした。

 

    初期の革新リストは60部署に及び74項目の革新ポイントを含み、経済発展の促進、発展難題の解決、業務効率の向上、社会管理の強化、民生支援の改善と党建設のレベルアップの六のジャンルにかかわる。

 

    張守財は報告を聞きながらメモし、部署ごとの革新ポイントについて意見を述べた。張守財は、「業務革新の年」プロジェクトが始まったばかりで、各部門や部署の進捗はそれぞれだが、報告やコミュニケーションを通じて新たな考えが見えるし、業務に関する新たな措置も見えているが、問題も存在している。各部門や部署は「業務革新の年」プロジェクトの目的をさらに認識し、新たな措置、方法を見出すること、各部門のサービススキルと審査の効率を高めること、各クラスの幹部の革新プロジェクトに対する意識と能力を高め、職能行使の中で革新に目をむき、社会全体で「業務革新の年」プロジェクトに濃厚な雰囲気を作り出すことが述べられるた。

       

    張守財は、「業務革新の年」プロジェクトを展開するには、革新の要点を明確にしなければならない。つまり有効性、実用性、便利性。要点の突き止め、正確なテーマ、制度の確立によって全区の党風・政風と幹部のやり方の持続的好転を図り、強い革新動力を持続的に維持し、仕事効率を持続的向上させ、環境の持続的改善を図り、経済保障、民意保障、環境保障、法治保障と政治保障を全面的に強化し、緑色クラス観光地の建設を推し進め発展の革新を実現させるのだと強調した。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统