旅順口区 「業務革新の年」プロジェクト推進会を開催
2015-05-26 04:26

 

     近日、旅順口区は今年の業務革新の各目標・任務を具体化にするため、「業務革新の年」プロジェクト推進会を開いた。旅順口区区委員会の常時委員、旅順緑色経済区の党工委員会の副書記、管理委員会の副主任、区「業務革新の年」プロジェクト協調グループリーダーの張守財、旅順経済開発区と各街道の主要担当者が会議に参加した。

 

    会議では、開発区、得勝、龍頭、水師営などの街道から、それぞれ各自の「業務革新の年」プロジェクトの進捗状況について報告した。

 

    張守財は、旅順口区は「業務革新の年」プロジェクトの展開において、街道管轄区の働きが不十分;革新テーマが少なく、浅く、分散している;既定テーマの推進がよくないなどの問題が存在していると指摘し、開発区、各街道には業務革新にあたり、かならず「効く、実用、使える」の原則に基づき、「小さく、実的に、新しく」をもって革新のテーマを立てる;現地の実際状況に基づいて業務の革新を図り、空論、不作為をしてはならない;発展中に存在している問題と業務における弱い部分を中心に革新を行う。業務革新は雪中に炭を送るもので、錦上に花を添えるものではない;市民の需要と困難を革新の中心とし、優れた革新経験を手本にする;革新テーマの実施中には経験を総括するよう注意し、革新を遂げた優れた仕事のやり方を常態化、制度化にし、業務革新の諸任務を確実にしっかりとこなすよう要求した。

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统