中国-大連 中文 | ENGLISH| 日本語 | 한국어

ホームページ > 最新情報 > 遼寧省新型コロナウイルスによる肺炎疫病の...

遼寧省新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況防止抑制及び経済社会発展業務統一計画推進総指揮部令第15号

Updated:2020-08-25

    各市の疫病の発生状況防止制御指揮部、沈撫モデル区管理委員会、省総指揮部の各メンバー単位、省(中央)の各単位:

 

    習近平総書記の重要講話と指示の精神を深く貫徹するため、「適時発見・迅速処置・正確な管理・コントロール・効果的な救急治療」の常態化した予防・コントロール要求を全面的に実行する、国外の疫病の発生状況の爆発的増加態勢が依然として持続しており、国内のばらばらな疫病の発生状況がしばしば発生し、秋冬の呼吸器伝染病が高発する情勢に対応して、秋冬の疫病の発生状況の予防・抑制活動を着実に行い、疫病の発生状況の予防・抑制と経済社会発展活動の双方の勝利を勝ち取るよう努力し、省総指揮部の研究決定を経て、次のような命令を下した:

 

    一、情勢を科学的に研究・判断し、終始高度な警戒を保つ。当面の疫病の発生状況防止・コントロールの厳しい情勢、複雑な要素、重複するリスクを十分に認識し、ボトムライン思考をさらに強化し、疫病の発生状況防止・コントロールという糸を常に引き締め、麻痺せず、戦争を厭わず、まぐれもせず、力を緩めず、疫病の発生状況に比較的長い時間対応する心構えと仕事の準備を確実にしっかりと行う。

 

    二、組織指導を強化し、戦時メカニズムを随時起動する。指揮体系の不変、組織構造の不変、職員の不変、協同対応の不変を堅持し、終始臨戦状態を維持し、応急対策案を科学的に制定し、応急訓練を積極的に展開し、疫病の発生状況が発生した場合、戦時体制を迅速に起動し、指揮・手配を統一し、管理をフラット化し、全方位的に動員し、迅速に対応し、効率的に処置する。

 

    三、各方面の責任を強化し、共同防止コントロール体系を構築する。実際の所属地、部門、単位、個人の「四方責任」をさらに抑え、各級党委員会、政府は属地責任を実行し、業界部門は主管責任を実行し、企業・事業単位は全方位的に主体責任を実行し、家庭と個人は自己防護責任を実行し、各人が責任を負い、各人が予防・コントロールする良好な局面を形成する。省・市の連動・統一計画・手配、検査督促・業務指導業務メカニズムを構築し、問題指向・結果指向を堅持し、予防・コントロール責任の確実な実施を確保する。

 

    四、重点部位に焦点を合わせ、予防コントロール規範を厳格に執行する。口岸を厳重に閉鎖し、人物の共同調査を堅持し、閉ループ管理を実行し、検査検疫を強化し、海上密輸を厳重に取り締まり、国外輸入を厳重に防止する。重点場所を際立たせ、ファーマーズマーケット、デパート、スーパーマーケット、レストラン、交通場・駅など人員が密集し、流動性の高い公共場所の換気・殺処分を強化し、コードスキャン・温度測定を厳格に行う。コールドチェーン食品の生産、輸送、加工、販売などの段階を注視し、企業と市場、人と物の検査・監督管理を強化する。

 

    五、キャンパスの予防とコントロールに力を入れ、秋の開校の安全を確保する。属地・教育部門・学校・教師・家庭の「5つの責任」を実行し、特に大学党委員会書記・学校(院)長は第一責任者の責任を確実に履行し、各項目の予防・抑制措置を厳格に実行し、国外及び国内の中・高リスク地区の帰校教師・学生に対して一律に「14日間隔離・2回の核酸検査・測定」を実行し、キャンパスの疫病の発生状況が発生しないよう確保しなければならない。職務を怠ったり背任したりした者に対しては,厳しく責任を追及する。。

 

    六、社区の村屯をしっかりと見つめ、末端陣地を断固として守る。管理グリッドを細かく分け、管理・コントロール措置を細かく実行し、専らグループを結合し、共同防止・共同コントロールを行い、基層の予防・コントロールネットワークを密に構築する。秋冬の屋外活動の減少、室内集合の増加、出稼ぎ労働者の帰省などの特徴に対応し、速やかに抜け穴を塞ぎ、脆弱部分を補強し、盲目領域をなくし、死角を取り除く。柔軟で動態的な管理策略を採用し、病例を発見した後、果敢に閉鎖し、厳格に管理し、迅速に検査・測定し、秩序立って開放し、正常な生産・生活秩序に対する影響を最大限に減少しなければならない。

 

    七、監視・警報を強化し、早期発見・早期報告を確保する。発熱診療科、郷鎮衛生院、村衛生室、社区衛生サービスセンター(ステーション)、クリニック、外来診療部、救急センター、薬局などの「ホイッスル」の役割を十分に発揮させ、発熱などの症状を発見したら、果敢に処置し、直ちに報告する。監督指導を強化し、検査・秘密訪問を展開し、各措置の実行を督促し、「ホイッスルポイント」の敏感性を確保する。責任逆調査制度を厳格化し、職責の実行が不十分であることによる疫病の発生状況の拡散を断固として防止する。

 

    八、肝心な部分を際立たせ、疫病の発生状況の兆しを速やかに消す。核酸検査能力を向上させ、「10in1混合採取検査技術」を普及させ、サンプリング、中継輸送、検査、結果フィードバックの各段階のマッチング度と協調性を高め、機動性、移動式核酸検査応急備蓄力の構築を強化し、毎日100万人分以上の大規模検査・スクリーニング検査をいつでも行うことができるようにする。医療救急治療能力を向上させ、集中救急治療センターの役割を発揮させ、相対的に固定されたハイレベルの応急医療チームを事前に組織し、迅速に病区を整備・接収することを保証し、「死亡ゼロ、感染ゼロ、後戻りゼロ」を確保する。フロー調整のトレーサビリティ能力を向上させ、比較的固定された専門チームを形成し、症例と無症状感染者を発見した後、24時間以内にフロー調整作業を完了することを保証する。人員管理能力を向上させ、疫病の発生状況が発生した市は直ちに応急対応を開始し、人員の出入りに対して管理を実施し、重点グループに対して集中隔離を厳格に実行し、その他の市は疫病の発生状況の輸入を厳重に防止し、疫病の発生状況拡散のルートを迅速に遮断しなければならない。

 

    九、保障能力を高め、抗疫の準備を十分に行う。物資の保障をしっかりと行い、薬品、マスク、防護服、検査試薬及び設備などの重点物資の備蓄を強化し、各種防疫物資の十分な供給を確保する。隔離場所の保障をしっかりと行い、基準に合致し、いつでも利用可能で、数量が十分な予備隔離場所を準備し、完全に隔離し、一人個室にしなければならないようにする。人員の保障をしっかりと行い、予防・コントロール人員の専門研修を強化し、医療専門家、医療従事者、流動調整・追跡などの人員を等級別に分類して組織し、各方面の人員が迅速に集結し、適時かつ効果的に処置を展開することを確保する。

 

    十、宣伝・誘導を強化し、良好な世論の雰囲気を醸成する。正しい世論の方向性を把握し、疫病の発生状況情報を適時に発表し、社会の関心に自発的に応え、疑念を解消し、否定的な宣伝やデマの捏造、デマの流布を防止し、不必要なパニックを引き起こすのを避ける。宣伝教育を強化し、広範な大衆が新時代の愛国衛生運動を踏み込んで展開するよう導き、マスクの着用、まめな手洗い、「1メートル線」、取箸などの良好な衛生習慣を身につけ、予防意識を高め、自己防護を強化し、疫病の発生状況予防・抑制の大衆的基礎を固める。

 

遼寧省は新型コロナウイルスによる肺炎疫病の発生状況の防止と抑制を統一的に推進、経済社会発展工作総指揮部

2020年8月25日

Copyright DaLian China.All Rights Reserved