DALIAN CHINA
中国-大連
ロマンチックな町、ファッションの大連
対外開放 の窓口、中国東北部の最大の港
第二十九回大連エンジュ観賞会・東北ア...
第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間が開幕
2018-05-27

第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間が開幕

譚成旭はエンジュ観賞会シリーズ活動に参加する国内外の来賓を熱く歓迎

 五月の大連は、碧海は雲を流して、エンジュの香りがあふれて、ロマンチックな美しい大連は、今回の祭りを迎えた。昨日の午前、すがすがしく、香りが溢れている棒棰島海浜広場が歓楽の海となり、第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間が開幕した。文化と観光部の副部長である李金早が開幕式に出席し、省委員会常務委員、市委員会書記である譚作鈞が、第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間の開幕を宣言した。日本の自民党幹事長、衆議院議員の二階俊博、市委員会副書記、市長である譚成旭、日本の秋田県知事である佐竹敬久、フランスのシャラント=マリティーム省の副省長であるステファン・ヴィランはあいさつの演説をした。中国人民対外友好協会の副会長である宋敬武、副省長であるカ郝春栄が出席し、市委員会常務委員、市委員会秘書長である熊博力、市人民代表大会常務委員会副主任である劉暁浜、市政協副主席の趙敏、市政府所秘書長である衣慶焘などが開幕式に参加した。副市長である郝明が開幕式の司会を担当した。

 

 開会式に出席した国内外の来賓は、日本北海道副知事である窪田毅、新潟県副知事である益田浩、全日空グループ最高顧問である大橋洋治、日本、ドイツ、ロシア、韓国、カザフスタン、グルジア、マレーシアなどの国と地区の代表団、観光団のメンバー及び国内の姉妹都市などである。

 

 二段俊博は、大連市の栄誉国民として、再びこの美しい都市に参り、第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間に参加できることを嬉しく思い、大連の発展と変化に誇りを思い、そして、「エンジュの花で友情を築き、観光発展を促進」という大型観光祭活動を積極的に推進していく。彼は第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間の成功を予祝した。

 

 譚成旭は市委員会、市政府を代表し、エンジュ観賞会シリーズ活動に参加する国内外の来賓に歓迎の意を表した。彼は、大連賞のエンジュ観賞会はアカシアの友情を増進し、協力を深める観光文化の祭典であり、大連都市の美しい名刺でもあり、大連がよりよく世界経済に溶け込み、世界各地との交流と協力を拡大し、手を携えてウィンウィンの友情の架け橋を築いた。譚成旭は、今年は中国の改革開放40周年で、習近平主席が「中国の改革開放の中扉が永遠に開いており、閉ることはない」と強調した。

 

 中国東北対外開放窓口として、大連は東北地方の経済総量が最大で、最も発展の活力のある都市であり、中国(遼寧)自由貿易試験区大連エリアなどの国家級の対外開放プラットフォームを有しており、東北アジアの国際航空運送センター、国際物流センター、地域金融センター、及び現代産業のクラスターである。我々は外資系企業のために、より優れたサービスを提供し、国内外の友人によりオープンで新しいチャンスを共有し、ウィンウィンの協力を作り、美しい未来を創造していく。

 

 佐竹敬久は、第二十九回大連エンジュ観賞会・東北アジア国際観光文化週間の開催を祝し、そして、秋田県は大連と深い関係があり、小坂町も毎年6月にエンジュ祭りを開催している。このため、秋田県と大連市は、エンジュの友好交流を築いた。今回の大連エンジュ観賞会をを機に、両国の経済貿易協力と民間交流を深めていきたいと思うと語った。

 

 ステファン・ヴィランは、大連政府がシャラント=マリティーム省を今回のエンジュ観賞会に招いたことに感謝を意を表し、また、このプラットフォームを通じて、フランス人民の情熱を十分に展示し、中国人観光客がシャラント=マリティーム省へ旅行に来ることを歓迎していると表明した。

 

 大連エンジュ観賞会は1989年に始まり、いまになって、もう28回も成功に再開され、すでに国際的に大きな影響を与える国際観光祭となっている。今回のエンジュ観賞会には18本のエンジュ観賞路線が開設され、中日観光大連交流大会・日本北前船停泊港フォーラム大連大会、大連観光宣伝ショッピングウィーク、中日観光客のハイキング・エンジュ観賞大会、武術太極拳ショーと国際武術文化交流、中国「未来の星」馬術積分試合大連駅招待試合など27のイベントを行い、イベントの規模はエンジュ観賞会の歴史の最高記録を更新した。

Copyright 2018 DaLian China.All Rights Reserved