ホームページ > 観光 > 大連概要 > 清明野遊びや花観賞シーズンで金普新区...
清明野遊びや花観賞シーズンで金普新区が観光客のピークを

  清明休み、うらうらな日よりで、暖かくて花が咲き、金普新区も最も美しい春の野遊びと花観賞シーズンの初の観光ピークを迎えた。新区商務局の統計によると、三日間連休では全区が合計で延べ23.16万人の観光客を接待し、観光消費2.62億元を牽引し、前年同期に比べて2桁の成長を続け、新区の観光市場が「安全、秩序、品質、効率、文明」の作業目標を実現した。

  清明節期間では、週辺のマイカー近郊観光が最も集中し、瀋陽、鞍山、営口、丹東と大連地元からの3.52万台マイカー観光客が新区を思う存分遊覧し、全区の泊まり客が著しく伸び、延べ2.76万人に達し、一人当たりの消費が1100元を超えた。

  小連休で、各観光地区が恵民措置におけて古きを去って新しきに就いた。金石灘観光グループの特恵年カード、特恵日イベントで、観光客の参与度を高め、観光吸収力を増やし、各主要なスポットが3日間で延べ13万人を接待し、約420万元入場券収入を実現した。発現王国のビッグシーン、新芸能とクール雰囲気で、4万数人の観光客が争って入園し、三日間で336万元入場券収入を実現した。

  また、周辺のマイカー観光も市民が休みにおける主流選択となった。イチゴ狩り、桃の花を観賞し、農家飯を味わい、遊園地を遊び回って、広大な市民、特に親子の観光客が名残り惜しく去り難い。三日間連休では、全区の田舎果実摘み、レジャー体験活動で合計2.87万人の観光客を接待し、約72万元入場券収入を実現した。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.