ホームページ > 観光 > 大連概要 > 竜王塘漁民、海灯祭りを祝う
竜王塘漁民、海灯祭りを祝う

  毎年の旧暦正月十三日が伝説中の海神女神のお誕生日だと言われ、高新区竜王塘街路の6000人余りの漁民に、春節と同じように大切にされている。漁家風情が溢れ、新春の祝福を込めた舟形海灯を海に流すのはその日の重要なイベントである。2月9日の夕方、竜王塘の漁民達が次々と家を出て、心を込めて作った海灯を流し、新しい一年の平和、豊作を祈った。

 

  話によると、竜王塘海灯祭りが民俗研究専門家に中国北部媽祖文化と海洋文化の「生きる化石」だと言われている。この祭りが漁民達が海洋や大自然に対する尊敬を現し、高い民族文化面上の研究価値がある。2011年に、竜王塘海灯祭りが省級無形文化遺産保護プロジェクトだと指定された。2013年に、竜王塘街路が10数万元を投資して、竜王塘中心小学に、全市初の無形文化遺産伝承基地を設け、定期的に船形海灯の制作教育と評価活動を実施し始めた。各コミュニティにも、伝統文化を子供達の心の中に根付かせ、伝統文化への自信を強化する為に、青少年海灯制作活動を行っていた。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.