ホームページ > 生活 > 住宅 > 荘河市、「全国文明都市」創建のための...
荘河市、「全国文明都市」創建のための激励大会を開催

 

    5月28日、荘河市は「全国文明都市」の称号を獲得するための激励大会が市政府の報告ホールにて開催され、孫宏氏、趙永勃氏、金暁黎氏、趙興基氏、何彤氏、殷桂珍氏、李億兵氏、李永祥氏、沙志華氏など、荘河市の指導者らが大会に出席した。荘河市全国文明都市創建仕事の指導グループ及び弁公室全員、全市各級党及び政府機構、各郷、鎮、街路の指導者ら、各企業及び事業団体の関係者など、500人余りが大会に参加した。大会の司会は、市長の趙永勃氏である。

 

    今年の2月28日に行われた全国精神文明建設表彰及び学習雷鋒ボランティア大会において、荘河市は全国第一陣の県レベルの文明都市としてノミネートされ、次回の全国文明都市の候補資格を取得した。今回の決起大会の開催によって、庄河市の全国文明都市の創建事業の幕を上げ、精神文明建設が新たな段階に入ったことを表している。大会において、庄河市委副書記の何彤氏が『2013-2015年度庄河市精神文明創建事業における模範的な機関・団体と個人の表彰に関する決定』を読み上げた。精神文明創建事業における突出した貢献された団体8つ、優秀な組織17個、文明団体105個、文明コミュニティ(村)39個、文明ビル・庭20棟、模範的な個人98人を表彰すると決定した。庄河市の市長の趙永勃氏が「文明都市創建」の関連責任団体と責任状に調印した。

 

    荘河市市委書記孫宏氏は会議において、最新弾の文明都市創建事業について、呼びかけをした。彼は、全国文明都市創建事業は複雑で困難な系統的システムで、荘河市委、荘河市政府が中央の「四つの全面」戦略的計画を徹底する重大措置でありながら、全市人民が素晴らしい正確を求める必然的な選択でもある。本事業は荘河の全面調和継続的発展に対して、深く長い影響、意味がある。

 

    孫宏氏は全国文明都市の称号を獲得するためには、細心に組織し、周密に手配し、責任を明確にし徹底することが大変重要であると述べた。経済発展を都市建設の第一優先要素として、経済実力の向上に新たな花を咲かせる。なおインフラ整備に重心を置きながら、都市・地方への支援サービス機能を充実化する。社会治理と都市地方総合治理の革新や民生の改善や保障に力を注ぎ込む。精神文明の建設を文明都市を設立する肝心の一環として、全住民の文明素養を一変させるよう推進するようと話した。

 

    孫宏より、将来3年間に、全市の上下組織が一致団結して皆で知恵を絞り、着実に文明都市建設に力を合わせ、堅実な基盤を作り上げること;真実を求め、粘り強くワークスタイルで、全国文明都市になるための各種標準を着実にクリアしていくことで、立派な成績を収めて全市の住民たちの期待に答えられるようと要求した。

 

    荘河市市長の趙永勃は皆に今回の会議内容をしっかりと勉強し、各自担当する文明都市建設内容と結びつけるように呼びかけた。一つ、認識上には大局観を強化すること、一つ、仕事に対する責任感を高めること。一つ、一刻を争う緊迫感を持つこと。皆さんは今回の蹶起大会を契機に、積極的に意思疎通して認識を高めるとともに、目標をきっちり把握し責任感をもちながら、熱い情熱と決意を抱いて、より堅実な姿勢と高い行動力で、みんなの力を合わせて一致団結して「全国文明都市」の戦いに全力挙げて勝利を収める。

 

 

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.