ホームページ > 生活 > 健康 > 市障碍者補助器具センターは「低視力者...
市障碍者補助器具センターは「低視力者のための視力健康公益活動」を展開

 第十九回全国代表大会の会議精神を実行し、「小康社会の全面的な完成、障害者1人も手放せない」という目標を実現するために、5月28日に、第28回目の「全国障碍者援助日シリーズ活動月」の期間に、市障碍者補助器具センター、普蘭店区障碍者連合会、大連愛耳眼科病院が共同で「低視力者のための視力健康公益活動」を展開し、合わせて42名の視力障害者に専門の線専門的な眼屈光検査、眼底病変検査、及び視力障害防止と治療知識の宣伝などのサービスを提供した。

 

 障害者に関心を示し、精確的に障害者回復をしっかりと推進し、補助器具でサービスを備え、障害者が更なる生活レベルへと向上させ、全面的な発展能力を向上させ、障害者と社会を共同で発展させ、共に小康社会の全面的な完成を実現することは、調和的な社会を建設するための重要な取り組むであり、政府と社会全体の担うべきで責任でもある。

 

 活動の主要な目的は、全社会の障害者を援助する意識を喚起し、精確な個人的な援助を提供し、深く障害者を理解し、ニーズを捉え、着実に障害者の生活困難を解決し、障害者の獲得感、幸福感と安全感を向上させて、全市の障害者たちに新成果を共有し、障害者が早く貧困から抜け出して、ゆとりのある生活を送ることのできるよう援助してあげる。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.