ホームページ > 生活 > 娯楽 > 第9回「大連読書季」および2018年「金...
第9回「大連読書季」および2018年「金普新区読書季」が開幕

    昨日が世界読書デーであった。午前10時、開発区大劇場で、李鵬宇市委員会常務委員兼宣伝部部長と市政治協商会議の劉鋼副主席が共に「知恵の本」を開いて、「国民全体に読書を提唱して読書大連をつくる」の字が「紙上にありありと現れている」、これをテーマとする第9回「大連読書季」および2018年「金普新区読書季」のイベントが開幕すると示した。新区の指導者である紀政、柳金紅、毛長毅、閻立明が開幕式に出席した。

 

    開幕式で、『読書の金普』宣伝ビデオが新区が国民全体の読書を推進するなど方面に収めた成果をを展示し;『家に永続しているのは読書である』などのすばらしい番組と特別ゲストが行った読書体験会が、「読書・修養」、「読書・家庭平和」、「読書・強国」を脈絡にして、読書の魅力を示し、現場の約800人の観衆「読書」の世界でふけっていた。開幕式の前で、イベントに参加した指導者がまた「金普新区受賞文芸作品展」を見学した。

 

    数年来、大連が文化強市をつくるのを堅持し、学習型都市の建設を加速し、連年「大連読書月」、「国民全体学習週」などのイベントを展開し、だんだん「学習大連」、「読書大連」の都市ブランドを樹立し、「全国文明都市」の美しい名刺のために鮮明な文化の記号を付けた。今年、「読書月」がアップグレードして「読書季」になって、イベントが二ヶ月余りに続いて、期間に各級・各類読書の普及、読書の競技、選出推薦と貧困援助・知恵援助・読書援助などのイベントを催す。

 

    新区の「読書季」が同時に開幕する。馬橋子大通りスターコミュニティ、大孤山大通り海景コミュニティなどがすでにイベントを展開し、新区の「読書季」のために予熱する。

Copyright 2015 DaLian China.All Rights Reserved.